発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1031 2013年4月1日
 「本日リニューアルオープン!! 1F 新生Sound House店内詳報!!」


「4月1日リニューアルオープン 1F 新生Sound Houseの本気とはこれ!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1029.html

「いよいよ明日リニューアルオープン!! 1F 新生Sound House速報!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1030.html

そして、本日いよいよオープンしました!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-05.jpg
■2013年4月1日、好天に恵まれて新装なったDyna5555の景観です。フラッグは
 何と布製オリジナルカレンダーをシンボルとして採用し風にはためくアイ
 キャッチとなっています!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-07.jpg
■ガラス越しに見えるコンパクトなシステム提案も毎月変わっていく予定ですが、
 スタート時はこのような構成で。フロアーに入る前から見どころを作っています!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-06.jpg
■ドアが開くとこんな感じ、今日は開店直後に五名様が来店。この写真を撮影
 した午後2時になっても相次ぐご来店で賑わっておりました。うれしい!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-08.jpg
■以前は開放していた自動ドアは今日から稼働してクローズしています。当然
 室内での試聴への配慮ですが、一歩入ると当店4Fの天野の力作Welcome board
 がお待ちしています!!手作りのフィーリングはいいですね〜!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-09.jpg
■ドアから一歩入ったら左側をちらっと見て下さい。高音質ディスクのご紹介
 を掲示していますが、入口付近にソフト情報を持ち出したのには訳があります。
 はい!!次の写真で種明かし!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-10.jpg
■今までフロアーの右側奥にあったソフトショップ、サウンドパーク・ダイナ
 を何と入り口の間近に移動しました。当店の全フロアーで推進する高音質
 追求はソフトからということで、私がリリースした「マーラー交響曲第三番
 ・ダイレクトカットSACD」や各社のガラスCD、そして山岡さんのSACDなどなど
 高品位なソフトを最初にご紹介するようにしました!!
 一歩踏み込んだら直ちにハイファイの世界です!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-11.jpg
■サウンドパーク・ダイナの反対側には「Monthly Recommendation」コーナー
 を設置して、毎月の推薦商品をご提案しています。このSound Houseのコン セプト
 はハイエンドオーディオの手前にあるエントリー・ミドルクラスの充実です。
 先ずは音楽に親しみをもって頂くための手軽で粋なシステム提案をご覧下さい!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-12.jpg
■さあ、入口から店内を一望するとこんな情景に。早速、外国人のお客様が
 ヘッドホンを試聴していますが、当フロアーには日本語、中国語、英語を
 操る紅一点の女性スタッフ 崔 明嵐(サイ・メイラン) がおりますので、
 海外のお客様にも対応しております!!
 あっ、恥ずかしがり屋なので写真には写っていません^^;

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-13.jpg
■フロアー中央にはセレクトされたアクセサリー関係がぎっしりと並んでいます。
 梱包材の段ボールのままに置いてあるのはオープニングセールの特価商品で
 すが、プライスカードは撮影していません。ちょっと問題ありのお値段ばか
 りなので^^; あっ、この写真に小さく崔 明嵐が写っています。日本人では
 ないのに、良き昭和の日本女性の雰囲気を持っているレディーです。日本語
 で話しかけて大丈夫です(笑)

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-14.jpg
■ちょうど外国人のお客様が試聴しているのは日本の誇りSTAXのヘッドホンで
 すね〜。40台以上のセレクトされた高級ヘッドホンをESOTERICなどの高品位
 なプレーヤーと、数十万円もする高音質ヘッドホンアンプでゆっくりと試聴
 できるのも特徴の一つ。こんなソファーでゆっくりと試聴できるところは
 他にはありません。以前より凝縮したヘッドホンの試聴コーナーは左側に
 どんとあります!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-15.jpg
■ヘッドホン試聴コーナーの反対側には欠かすことのできないアナログオーディオ
 関連の商品を集約しています。海外ブランドの各種ケーブルも充実している
 ので、じっくりとご覧下さいませ!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-16.jpg
■さあ次です。ヘッドホンコーナーの右側に連なるのはアンプとプレーヤーの
 コーナーですが、今回ここに国内初という高音質オーディオセレクターを
 特注品として導入しています。スピーカーの数が足りないと担当者にダメだし
 しましたが、今日はアンプとプレーヤーが物足りないと、更に担当者にダメ
 だししました。近いうちに更に増えていくことでしょう!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-17.jpg
■専門店のこだわりにはカタログも含まれます。88種類以上のカタログをストック
 すべく特製什器も用意しました。その右側にある可愛いシステムはご予算が
 10万円という提案コーナー。こだわりの音質を10万円でも揃えられます!! 
 ここは担当者がこだわっていたところです(^^ゞ

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-19.jpg
■担当者のこだわりは徹底しています。カタログケースの近くにセットした
 ラックにはデジタルアンプを集約してセッティングしてあります。これを
 中心にしてスピーカーを切り替えるようにしてあり、スピーカーと直結で
 セレクターを使わないという鳴らし方です。担当者 とも田のこだわりで
 試聴システムを系統分けしているのですね〜!!

http://www.dynamicaudio.jp/file/sh20130401-18.jpg
■日東紡音響エンジニアリングのANHKがずらっと10台!!これが新生サウンド
 ハウス1Fのこだわりの試聴環境です。
 http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1008.html
 と、ご紹介していましたが、当フロアーに展示しているスピーカーの総数は
 何と42セット。そして、元祖Sound Houseの2Fにも同じく42セットのスピー
 カーがあり、Sound House両フロアーで84セットのスピーカーを試聴するこ
 とが可能です。

 そして、この写真でアナログプレーヤーが乗っているラックがありますが、
 こちらは右側のデジタルアンプ系とは対照的に菅球式アンプ、純粋なアナログ
 アンプを集めているのです!!

 左壁面のラックに収納されたアンプとプレーヤーを含めて三系統の伝送シス
 テムで全てのスピーカーを鳴らせるというこだわりがここに完成しました。

 ここで皆様にフィットする音を見つけて下さい、ここで気になっているライ
 バル機種を比較して下さい、ここで皆様にマッチしたオーディオシステムを
 発見して下さい!!

 そして、2FのSound Houseフロアーも含めてのセレクトされたコンポーネント
 の数々をじっくりと試聴して頂き、皆様のマイシステムを発見して頂ければ
 と願っています!!                      店長より


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る