発行元 株式会社ダイナミックオーディオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
ダイナ5555
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
H.A.L.担当 川又利明

No.1020 2013年3月17日
 【新企画⇒H.A.L.'s Circle Review“配信3,000号”記念企画-Act.1】
  Message from Technical Audio Devices


Vol.4「会員の皆様に興味深いエピソードを御紹介いたします!!」

「新企画⇒H.A.L.'s Circle Review“3,000号”記念企画-Act.1」

平成12年5月17日にH.A.L.'s Circle ReviewのNo.0001が配信されました。
「H.A.L.'s archive」をご覧頂ければ、この第一号の内容がご覧頂けるもの
ですが、今の私から見ると何とお粗末であったことかと思わず失笑がもれて
しまうものです。しかし、自分でコンピューターを購入してから二ヶ月目に
スタートしたものであり、今から考えれば無理もないか…、という思いがあり
ます(^^ゞ

ハルズサークルのスタートした当時は確か…、私の記憶ではそれ以前からの
お得意様のアドレスと従来から郵送で情報をお送りしていた皆様からの更新で
最初の会員数はわずか260名様しかいなかったものでした。

お陰さまで、それが今では2,300名様以上という大きさになり、オーディオと
音楽を通じての文字通り“輪”が広がってきたものです。
本当にありがとうございました。<m(__)m>

そして、ビジネス面でも私の売上の90%以上はハルズサークルの皆様からの
ご愛顧によるものであり、私にとってかけがえのないものとなっています。

また、お取引先各社におかれましても、良い意味でハルズサークルを通じて
情報発信をすることが、インターネットを通じて全国に話題性を広げていく
“生きた媒体”として活用されるようになってきたものです。

長きに渡り私を支えて下さった会員の皆様と、多大なご協力を頂戴したお取引先
各社には改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

これより配信3,000号記念企画として、各社様からのハルズサークルに寄せる
メッセージをご紹介させて頂きます。その後にもプレゼント企画や特別セール
などの新企画も近日中にスタートさせて参りますので、どうぞご期待下さい!!

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■H.A.L.'s Circle Review-配信3,000号達成によせて-Message from Technical Audio Devices

Vol.4「会員の皆様に興味深いエピソードを御紹介いたします!!」

ハルズサークルの皆様へ

1978年にアメリカ市場より導入されたプロ用機材のTADブランドも今年で35歳
となり、民生向けのTAD商品も2007年10月より開発をスタートし現在全世界
30カ国で販売されるにまで至っております。

特にお膝元の日本での成長は日頃より会員の皆様、川又店長に弊社製品を
ご愛顧賜って来た結果だと感じております。心より感謝申し上げます。

今回、会員の皆様に興味深いエピソードを御紹介いたします。

アメリカ ニューヨークのインディーズレーベルのChesky Recordのオーナー、
現在高音質配信サイトで有名なHDTracksを立ち上げた David Chesky氏を数年
前に川又店長のフロアーにお連れした事が有ります。

彼はジャズ、クラシックピアノの演奏家で有り、クラシカルミュージックの
コンポーザー、録音ディレクターとマルチタレントな芸術家であります。

プライベートでは熱狂的なハイエンドオーディオファイルとしてオーディオ
業界でも有名な人物です。

川又店長フロアーで音のプレゼンテーションに聴き入っていた彼は興奮ぎみに
我々にこんなコメントをくれました。

「アメリカでこれほど調音された素晴らしいオーディオ再生を行う販売店は
 存在しない。アメリカの仲間が東京に寄る際は是非聴きに行って来いと勧めるよ。」
 
私も商品の持つ音やその裏側にある思想やストーリーの魅力を余り無くお客様
に伝えられる販売店は世界広しと言え限られると思います。

ダイナミックオーディオは日本が世界に誇れるオーディオ販売店で有り、
この様なハルズサークルと言う素晴らしい環境で会員の皆様と今後交流を
深めて行きたいと考えております。

株式会社 テクニカルオーディオデバイセズラボラトリーズ
代表取締役社長 平野至洋

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■川又より

平野至洋様ありがとうございました。エピソードのご披露に重ねてお礼申し上げます。
数年前というのは↓この時でしたね。

「思わぬ訪問者David Cheskyから頂いた大変うれしい勲章とは!?」  
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/550.html

そして二年後にも…「ミスター・カワマタ、ニューヨークに来ないか!!」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/645.html

そして現在は…H.A.L.'s Presentation - TAD Reference Series Full Lineup!!
http://www.dynamicaudio.jp/5555/MonthlyHi-Fi/S3/

という事で、同製品を下記のショールームでも展示していますが音質が違います!!
http://tad-labs.com/jp/corporate/ginza.html
http://pioneer-ginza.jp/

■METシステム(MarkLevinsonとESOTERICとTADによる下記でのシステム構成)
【感動発見⇒H.A.L.'s impression!!-ESOTERIC C-02 Dual-Mono!!】
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/1015.html
このようにTAD-R1MK2は数々の場面で真価を発揮しています!!

溢れんばかりの情報量と緻密な音像再現性が素晴らしいTADはこれからもH.A.L.の
リファレンスであり続けるでしょう!!どうぞ皆様も聴きにいらして下さい!!


担当:川又利明
TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
kawamata@dynamicaudio.co.jp

お店の場所はココです。お気軽に遊びに来てください!!

戻る