DYNAMICAUDIO 5555/5F/諸石

H.A.L's 「M」 Recommendation!

VOL.13

EMI対策アクセサリー
「SHAKTI ON-LINE」

SHAKTI「SHAKTI ON-LINE」
SHAKTI「SHAKTI ON-LINE」
定価:¥21,000 (税込/2本1組)
 
このコーナーではVOL.10にて同メーカー「SHAKTI STONE」をご紹介致しました。

今回ご紹介の「SHAKTI On-Line」は、「STONE」が効果は大きいながら、用途が“置く/乗せる”だけであったのに対し、小型という事で狭い場所やケーブルにも取り付けられ、 設置場所を選ばずにご使用頂けるモデルです。

前回「STONE」をご紹介した事で初めてSHAKTIを知ったという方や、“存在は知っていたが・・・”という方等からのお問い合わせも頂き、 また実際にご購入頂いた方もいらっしゃり、中々マニアックな製品ですが、スローペースながら着々と反響を頂いております。

見た目も効果も地味めで、変化の度合いはシステムによりけりな部分もあるのですが、一度使うと外せないという人が、地味に多いのです。
先日もSTONEを購入された方がAyre「QB-9」に設置した所、音が出た瞬間、思わず振り返ってしまった程に大きく変化し、重みがスッと下りた様に 非常に聴き易くなり、驚かれたとの事でした。

SHAKTIの効果については十分理解しておりましたが、改めて輸入元より解説を受けたので、加えてご説明致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SHAKTI製品の原理は、特別な水晶発振子を含む回路が内臓されていて、自らが作り出す電磁フィールドによって、 既に存在する電磁フィールドを機械的なエネルギーに変換し、熱として分散・吸収してEMI(電磁波干渉)を排除するというものです。

EMI(電磁波干渉)は電磁部品や回路が自らの伝送機能の過程で放射する電磁波によって引き起こされ、音に悪影響をもたらすと考えられます。
オーデオ機器においては、電磁波の放射が、その個体の周りの電磁場内の電子回路の電磁波の相互結合によって、本来の音声波形と共に増幅拡大され、ノイズになります。
結果的には再生する音楽の信号レベルが変化してしまい、“ノイズフロアーの上昇”・“バックグラウンドノイズの増加”・“ダイナミックコントラストの縮小”・・・ といった悪影響を及ぼしてしまいます。
また、電磁波とは波長の長さによって電波から光線・X線・ガンマ線など様々にありますが、SHAKTIが問題にしているのは“電波帯域”です。

EMIは放射された電磁波の相互結合を通じて起こるので、SHAKTIは信号経路に電気接続を必要としない受動的な回路を採用していて、「STONE」、「On-Line」それぞれが設置された範囲内で 誘導結合を通じて、これらの電磁波を吸収・消散します。
結果的に設置された部分においては、より正確な信号伝送が可能になり、音質向上が期待出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・と細かく説明して参りましたが、簡単に言えば、内臓された水晶で電磁波を吸収/相殺する事で、高音質を期待出来るというアイテムです。

「STONE」は“機器に乗せる”or“機器を乗せる”だけですが、「On-Line」はケーブルを始め、背面の端子の上などの狭い場所にも取り付けられるのが大きな利点です。

以下、設置・使用例です。

まずは、Wadia「i-transport」での使用例です。

「On-Line」は上の写真の様にi-podのDoc部分、端子付近やDCケーブルに使用する事により、 本体やDCケーブルからのEMIを吸収し、更に高品位な音質が期待出来ます。

また、「On-Line」より「STONE」の方が内部水晶の構造から、EMIへの効果もより大きいですので、 単に機器に置くだけでしたら「STONE」をお勧め致します。

   
機器の入出力端子の上

 
ケーブル自体に装着

その他、“ブレーカーの上”、“電源ケーブル”、“BOXのACコネクター”、“プラグ付近”・・・・
また、PCオーディオ等で試される方は、お試しください。本体や出力端子付近などに効果的です。
アイデア次第でいくらでも可能性は広がります。

 

「On-Line」本体裏面にはマジックテープが付いており(左画像)、付属として粘着ゴムも付いていますの(左画像)で、 「乗せる」だけでなく、垂直面等に張り付ける事も可能です(右画像)。
粘着ゴムは手でちぎる事が出来ますので、用途によってお好きな大きさでお使い頂けます。

このSHAKTIは、対象に必ず密着させなければならない訳では無く、その上や横に乗せる/置く事でも効果はありますので。 電源フィルターのように、キレイにはなるけれども帯域を制限してしまう様な事も無く、高域の歪やノイズを減少させるだけですし、 勿論、高域だけで無く、低域にも効果的です。

長年ロングセラーの意味が分かるような気がします。

設置における変化の差はシステムにもよりますが、安心して使用でき、確かな効果のあるアクセサリーだと思います。
“U.S特許”を取得している事にも驚きですが、信頼を大きく生んでますし、ロングセラーの商品であり、安心してお勧め出来ます。

それは下記のスタジオを始めとする、世界中の著名な録音・マスタリングスタジオで採用されている事でもお分かり頂けるかと思います。
  • ABBY ROAD STUDIO
  • PINK FLOYD`S ASTORIA STUDIO
  • STEVE HOFFMAN MASTERING
  • STAN RICKER MASTERING
  • DOUG SAX`S MASTERING LAB
  • PAUL STUBBLEBINE MASTERING
手軽にお試し頂けるアクセサリーです。
興味のある方は是非!!

-お問い合せはお気軽に諸石までお尋ね下さいませ-