お客様のリスニングルームをご紹介致します。 掲載ご協力頂きました皆様本当にありがとうございます!


東京都N様宅
B&W「800d3」を納品させて頂きました!「802SD」からの買い替えになります。 元々は「802d3」が候補でしたが、比較試聴での音の違い、そして思ったほど大きくない、ということでフラッグシップモデルとなりました。 後ろのCDラックをご覧いただければわかる通り本当に音楽がお好きなご夫妻、オーディオにも理解のある奥様で私も安心?して伺えます。システムはESOTERIC「K-03」、McIntosh「C50」「MC601」とド級ですが、マッキントッシュのパネルとピアノブラック仕上げが美しく上手に収まっております。 音楽ジャンルは広いのですが、最初に再生されたがマーラーの9番!バーンスタインとベルリンフィルのライブレコーディングです。いきなりこれ!?と思いましたが、始まってしまうと3人とも黙って聴きいってしまいました。奥様は「静けさが全然違う・・・音の細かさも」とのこと。新しいスピーカーですので熟成はまだまだこれから。また聴かせて下さいませ。


神奈川県H様宅
書斎のデスクにHARBETH「HL-P3ESER」、atoll「CD200SE/2」、UESUGI「UTY-15」がセットされています。オーディオもスペックより音楽性を重視してコンポーネント。今回はアナログをということで「LP12」とLUXMANのフォノイコライザー「E-250」を導入して頂きました。 OAK仕上げのLP12、ハーベスと並べても違和感なく溶け込んでくれました。見るからに良い音がしそうなシステムが完成しました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/08/h-9447.html


長野県S様宅
「DD66000 EVEREST」を導入して頂いた際にいつかはアナログのグレードアップをとおっしゃっていたのですが、 今回LINNのLP12を導入して頂きました。 「AKITO」や「LINGO」電源、「KRYSTAL」を搭載した「AKURATE LP12」になります。 S様のシステムはMYTEK DIGITAL「MANHATTAN DAC」、ORIO SPEC「RITMO」の強力なデジタルシステムがあるので、 ハイレゾ音源を聴きながらのセッティングでしたが、驚いたのは音が良い・・・いや前回も凄く良かったのですが、明らかに良くなっている・・・

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/06/real-sound-ch-2.html


千葉県H様宅
SONUS FABER「OLYMPICAII」を納品させて頂きました。システムはESOTERIC「N-05」、JEFF ROWLAND「Capri S II」、LUXMAN「L-507UX」です。どれも慎重に試聴重ね少しずつグレードアップをされております。解像度だけでなく音楽の楽しさも感じたいということで選ばれたオリンピカ、ウォールナットのエンクロージャーと伝統のストリングがとにかくカッコ良いですね。鳴らし込みはこれからですが、 すでに弾むベースとヴォーカルにH様が目指す方向性が表れていると感じました。 次はアナログを導入されたいとのこと、またご相談下さいませ。


神奈川県O様宅
ESOTERIC「K-03X」を納品させて頂きました。前回伺ったのは上杉のアンプの納品時で4年ほど経っていると思いますが、 変わらないのはご愛用のAcustik-Labの「Stella Opus」、いつ見ても本当に美しいスピーカーですね。 特注のラックには上杉研究所の「U-BROS2011P」「U-BROS2011M」のコンビがきれいに収まり真ん中にプレーヤーを設置しました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/06/real-sound-chec.html


東京都A様宅
BRODMANN「F2」を納品させて頂きました。数あるスピーカーの中でもブロッドマンのスピーカーの仕上げの美しさはトップクラスです。A様宅の素敵なリビングでも映えました。プレーヤー、アンプは、MARANTZ「SA-11S3」「NA-11S1」「PM-11S3」とオールマランツのシステムです。気品と落ち着きのあるダイアナ・クラールのヴォーカル。美味しい珈琲を頂きながらの素晴らしい午後のひと時を堪能させて頂きました。


千葉県S様宅
B&W「N803」をご愛用のS様、時間をかけて少しずつグレードアップをされてきました。アンプはずっとJeff Rowland「SYNERGY 2i」「MODEL112」でしたが、 今年の1月にパワーアンプのayon「Spirit PA」を導入して頂きました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/05/real-sound-chec.html


千葉県U様宅
リビングにビシっとセットされた機器。上杉研究所「UBROS20」「UBROS28」「UBROS30MK2」、 LINN「LP12」、「KLIMAX DS/3」、TANNOY「CANTERBURY/GR」「GR SUPER TWEETER」という堂々たるシステムです。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/04/u-b649.html


東京都Y様宅
TANNOY 「GRF90」を納品させて頂きました。それまでご愛用だったのが同じくTANNOY「ARUNDEL」。 時間をかけプレーヤー、アンプをグレードアップして頂き本当に良く鳴っていたのです。 そのアランデルに替わって「GRF90」がY様のお部屋でどのような音楽を奏でるのか私も大変興味がありました。 リスニングルームは2階にあるためピアノ便でクレーンを使用して設置、翌朝再度伺いました。玄関で「一晩鳴らして変わりました?」と尋ねると 「ハンパないね!」と一言。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/04/real-sound-ch-2.html


京都府M様宅
「機会があったら一度家の音を聴いてほしい」とのリクエストを頂いていたのですが、遠方のため中々伺えず時間が経ってしまいました。3月にEAR「912」を導入して頂いた際に「納品に伺いましょうか?」と尋ねると 「セッティングは自分でするので、馴染んだ後に聴きに来てほしいです」というお答え。そう言われるとこちらも気合が入ります。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/04/m-7cb4.html


神奈川県O様宅
久しぶりのご来店で「珍しいタンノイを手に入れたから合わせるアンプを買おうと思って」と上杉研究所の「UBROS280」「UBROS30MK2」をご購入頂きました。 3週間ほど前に納品に伺ったのですが、まだスピーカーは届いておらず、ラックに納めてパワーアンプまでの結線をしてその日は失礼しました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/04/o-3f99.html


神奈川県T様宅
すっかり完成したと思われたTANNOY「DC-10A」システムにOctave 「JubileePreamp」が加わりました!TAD「D-1000」、パワーアンプESOTERIC「S1」のハイエンドシステムですが、さらに驚くのがラックの裏側。NORDOST、ZenSati等のフラッグシップケーブルがズラリ・・・セッティング時には少なからず緊張するのです。いつも試聴に使用される「Waltz for Debby」は小音量でもビル・エヴァンスのタッチのニュアンスがしっかりと描いてくれます 。仄かな明かりの中に置かれたピアノというイメージが浮かびます。天才の凄さをしみじみと実感します。


神奈川県M様宅
お部屋の図面を持ってご来店、「置き場所が部屋の隅なんですけどちゃんと鳴りますか?」と言われ図面を拝見しました。 「広い・・・何の問題もありません」と即答しました。実際も「VC7」がコンパクトに見えるくらいの羨ましい環境です。 美しいバーズアイ・メイプルの仕上げもフローリング、カーテンなどと良く調和していました。 システムはLINN「KLIMAX DS/3」、VIOLA「CRESCENDO」「CONCERTO」。ハイエンドシステムで聴くドビュッシー「前奏曲」のタッチと音色、 ベートーヴェンの7番の響き・・・素晴らしかったです。いきなりこの音!というのが正直なところです。ずっと聴いていたいです。またお聴かせ下さいませ。


神奈川県K様宅
ちょうど1年前にTANNOY「CANTERBURY/GR」を導入させて頂きました。その後「GR SUPER TWEETER」、 上杉研究所「U BROS30mk2」とグレードアップして頂きました。今回はプリアンプ、パワーアンプと同じ上杉研究所の最新型プリ「U BROS280」をご注文頂きました。 久しぶりのK様宅のリビング、吹き抜けのある素晴らしい環境でのカンタベリーは家具としても味わいというか貫禄があります。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/02/real-sound-ch-1.html


神奈川県M様宅
1年前からご相談頂き、リフォーム後に導入というお話で、昨年末にLUXMAN「D-06U」、「L-590AXII」、 VIENNA ACOUSTICS「BEETHOVEN CONCERT GRAND SE」のシステムを納品させて頂きました。クアドラスパイアのラックが間に合わず、 展示品をお貸出しして対応。本日入荷したラックと交換して再度システムのセッティングを行いました。 エージングが進んで納品当初より音の数が増えました。マーラーの6番、バッハのマタイ受難曲・・・ベートーベンから放たれる弦楽器の音色は本当に魅力的です。 良質なアナログのような厚みと雰囲気がたまりません。曲を聴きながらスピーカーの間隔をわずかに狭めて金管、木管が揃いましたね。 「私には一生モノだね」とおっしゃった言葉が印象的でした。末長くお楽しみ下さいませ!


東京都S様宅
2016年最後の納品でした。15時からスタートしたのですが、しばらくするとS様のご友人が続々来訪され忘年会?がスタート、賑やかな中でのセッティング作業でした。 ある程度位置を決め、オプティマイゼーションをしたところで18時。キッチンから良い香りが漂ってきます。 今日はこの辺で退散した方が良いかな・・・と思っていると「朝からご飯を仕込んでいたんですけど良かったら」のお誘い。 店に戻って仕事を片付けないからとお断りしました。というのは嘘で「えっいいんですか?」と即答、どさくさに紛れて参加させて頂きました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/12/real-sound-ch-6.html


神奈川県N様宅
昨年、LUXMAN 「CL-38uL」「MQ-88uL」を納品させて頂きました。次はプレーヤーということで何度か試聴をして頂きLUXMAN「D-06u」に決定。スピーカー、アンプ、プレーヤーと年単位で着実にグレードアップされ、また選ぶ音の方向がぶれないところにいつも感心しています。 N様のHARBETH「SUPER HL5」は前回の真空管アンプの際にすでに十分良い音を聴かせてくれていたのですが、「D-06u」が加わりより芳醇かつ鮮明になりました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/12/real-sound-ch-5.html


埼玉県K様宅
プレーヤーの違いなんか分かるかどうか・・・とおっしゃていたK様ですが、とにかく音楽を聴かれて知ってらっしゃる方なので「一瞬でわかりますよ」 とお答えしました。候補のプレーヤーを聴き比べると予想通り「こんなに違うんですか」と驚かれていたのが印象的でした。 久しぶりのK様の書斎ですが、本とCDがギッシリで落ち着きます。完成したシステムは、 LUXMAN「D-06u」「L-505U」、VIENNA ACOUSTICS「MOZART GRAND SYMPHONY EDITION」。 前回聴かせて頂いたシュッツ、ペルトを始めファッコ?これまた初めて聞く作曲家ですが、 他にも伊福部昭、吉松隆・・・昼過ぎに店に戻らなくてはならなかったので失礼しましたが、 素晴らしい音楽との出会いが沢山で至福の時間でした。翌日メールを頂きました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/12/real-sound-ch-4.html


東京都A様宅
都内A様宅に伺いました。GERMAN PHYSIKSの「Unicorn Wood」を納品させて頂いてから10数年経ちました。 本当に早いですね。伺うのも5年ぶりくらいでしょうか。最近はご無沙汰しておりましたのでお誘い頂き嬉しかったです。 いつ来ても本当に素敵なリビングです。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/12/real-sound-ch-3.html


東京都N様宅
「アンプは色々変えたけど、スピーカーだけはずっとこれ」というJBL「4344」、そういうスピーカーは絶対良い音を出しますね。 エッジ交換とアンプのグレードアップのご相談からいつかはマッキントッシュ、とのことで「C22」「MC275VI」に決まりました。 一度2235Hと2122Hを取り外しに伺い、2週間後生まれ変わったユニットと一緒にマッキントッシュも納品させていただきました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/12/real-sound-ch-2.html


神奈川県N様宅
奥様とお二人でご来店。スピーカー選びで1年くらい悩まれていたそうですが、お好きなスティングやtotoのディスクを聞きながらやはりこれだね、 ということで決定されたのがJBL「4429」。「アンプがレシーバーだから鳴らせないですよね?」というご質問に「鳴らせます!」と私。 実際もライブの雰囲気をストレートに伝えるホットなサウンドを聴かせてくれました。 お二人とも音楽が本当にお好きなのが話していて伝わってきてとても楽しい納品でした。


愛知県K様宅
ホームページをご覧頂きお電話を頂きました。ありがとうございます! 「オーディオは良く分からないもんでね、セッティングもしてくれる?」 「ハイもちろんです」「中途半端なもの買ってあとで買い替えは嫌なんでね・・・あとはあんたに任せるわ」 「・・・」ご希望はズバリ「ロックをカッコよく」!何度かお話しさせて頂いた後、 JBL「K2-S9900ZW」、McIntosh「MCD550」「C52」「MC452」、LUXMAN「PD-171A」に決定。 ケーブルやラックの色などは一度下見に伺わせて頂きジャストサイズで決めました。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/12/real-sound-chec.html


山形県K様宅
TANNOY「CANTERBURY/GR」を納品させて頂きました。 スピーカーの位置、ケーブルの組み合わせなど時間をかけセッティングを詰めました。 またスーパーツイーターも試聴して頂きこちらも導入が決定! 15インチの臨場感、スケール感は格別。K様にもチェックしていただき全然違う、と喜んで頂きました。 システムはESOTERIC「K-03」、chord「CPA-3200E」「SPM-1200E」。山形は食べ物も空気もおいしく、 風光明媚な土地で本当に癒されました。またゆっくり行きたいですね。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/11/real-sound-ch-1.html


長野県H様宅
自然に囲まれた素晴らしい環境に備えられたベーゼンドルファーの名機「VC7」。 そこにMcIntosh「MCD550」、「MA6700」、LINN「LP12」を納品させて頂きました。 車を降りると秋葉原では絶対味わえない空気の匂いと鳥の声に癒されます。 一見すると素朴な内装ですが、暖炉の暖かさ、フランス漆喰の壁と太い柱に支えられた高い天井は本当の贅沢品です。

続きはblogにて。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/11/real-sound-chec.html


東京都S様宅
JBL「S4700BG」、LINN「MAJIK DSM/3」を納品させて頂きました。 大きなS4700は限定モデルのピアノブラック仕上げ、広いリビングに良く馴染みました。 納品後1週間エージングをして頂いた後、再度伺いSPACE OPTIMISATIONを行いました。 左側のテレビを窓として入力した時の効果は絶大、ギターの余韻が綺麗に伸びました。 どのジャンルを聞いてもとにかく愉しい!シンプルながら最高のシステムです。


長野県F様宅
広々とした2階リビングにBRODMANN「F2」、LUXMAN「L-590AXII」、「D-06u」を納品させて頂きました。 天井が高く、上質なフローリング、ブロッドマンの美点でもある音の響きがここではより美しく、優雅に漂います。 こんな環境で音楽を聴けるのがとにかく羨ましい限りです。今度はレコードプレーヤーもご検討とのこと。またご相談下さいませ。


東京都F様宅
リビングの一角にLINN「AKURATE DS/K/2」、OCTAVE「V40SE」、B&W「805d3」が品良くレイアウトされています。 DSの持つきめの細やかな音がオクターブの真空管アンプを通すことにより、女性ヴォーカル、ピアノが雰囲気良く鳴ります。 しばらくエージングしていただき、近日中にSPACE OPTIMIZATIONを行うことになっています。どんな変化が起きるのか私も楽しみです。


東京都O様宅
MONITOR AUDIO「GOLD100」、LINN「AKURATE DS/K/2」、McIntosh「MC6700 」、ilungo audio「grandezza」を納品させて頂きました。 「GOLD100」はサイズが信じられないくらいの充実した低域再現性を持っています。マッキントッシュとの組み合わせはグッときますね。 LINN DSのSPACE OPTIMISATIONの効果も素晴らしく、壁に近いセッティングでもかぶりが取れ、締まったドラムスとクリアなヴォーカルを聴かせてくれました。 (gold100メジャー対応しています)小型スピーカーですが、ハイエンドオーディオのサウンドを満喫できるシステムです。


千葉県K様宅
渋滞にハマって納品時間が大幅遅れてしまいましたが、B&W「804D3」、LUXMAN「L-550AX MK2」を納品させて頂きました。 リビングは美しいお庭に面していて風が気持ち良く抜けていきます。プレーヤーはこの後 LUXMAN「D-05u」を導入して頂きました。 海と山に囲まれた環境は本当に羨ましいです。次はアナログ、LINN「LP12」が候補とのことです。その際はまた伺います!


東京都M様宅
B&W「805D3」を納品させて頂きました。システムはESOTERIC「K-05X」、ACCUPHASE「E-470」です。 「805SD」からのグレードアップなります。店頭で試聴された際、前作からの音の違いを的確に指摘されていらっしゃったのが印象深かったです。 ヴォリュームは上げなくてもクリアな音、細かな音の粒立ちがよくわかります。能力の高さはさすがです!


東京都Cafe Pablo's様宅
東急池上線の久が原駅すぐのCafe Pablo'sにお邪魔しました。 珈琲が好きな私としては以前から伺いたかったお店です。ドアを開けると・・・ 焙煎の香りとともにグールドのバッハが聞こえて来ました。システムは、B&W「CM1」、TRIODE「TRV-35SE」「TRV-CD5SE」。 シンプルで気取らない組み合わせ、耳に馴染むサウンドです。 小さなお店ですが、のんびりした雰囲気でとても落ち着きます。 近くにこんな喫茶店があったら絶対通います。


神奈川県K様宅
数年前からLUXMAN製品を中心にご購入いただいおりましたが、伺うのは今回が初めてです。 リビングに一歩入って驚きました。往年の名スピーカーがズラリ。DIATONE「2S-3003」、 JBL「4344」上にはH5039、L5090に蜂の巣ホーン・・・コンディションも極上、 愛機を大事にされているのがヒシヒシと伝わります。 システムは「D-05」「L-550AX」、LINN「MAJIK DS」。 そして今回「PD-171A」DENON「DL-103」を納品させて頂きました。 プレーヤーとスピーカーが隣同士のためハウリングを大変気にされていらっしゃいましたが、全く問題ありません。 LPで聞くユーライア・ヒープは最高!グッと来ました!


神奈川県K様宅
TANNOY「CANTERBURY/GR」イルンゴのオーディオボード「grandezza」と最新スピーカーケーブル「animato2500AF」を納品させて頂きました。システムはmarantz「NA-11S1」、JEFF ROWLAND「SYNERGY2i」、「model201」です。カルフォルニアスタイルというのでしょうか、とても素敵なリヴィングは、吹き抜けの開放感が抜群。天井は高すぎて写真に入りませんでした。池田ピアノさんの納品後、音を聞きながら調整を行いました。音量を上げなくても実にしっかりとしたサウンド、本物の落ち着きとスケール感はこの大きさがあってのものだと思います。 キャノンボール・アダレイ、サムシン・エルスは音の濃さ、太さが印象的でした。こんなお部屋でこの音が聴けるのは・・・羨ましいの一言です。


埼玉県S様宅
雰囲気のあるオーディオルームにアルテック「A5」を中心としたヴィンテージのシステムを構築されています。 今回はESOTERIC「K-01X」を納品させて頂きました。上杉研究所のプリアンプ「UTY-12」、モノラルパワーアンプ「U BROS-17」で聞くアルテックはまた良いですね。 小音量でも音がスッと出てきて気持ち良く、いつまでも聴いていたいサウンドでした。


東京都K様宅
TANNOYの限定モデル「TURNBERRY/GR LE」を納品させて頂きました。導入前は大きすぎるのではと心配されていましたが、 8畳ほどのリビングに丁度良く収まりました。システムはプレーヤーがmarantz「SA-7S1」、アンプはPRIMARE「PRE32」「A34.2」のセパレートアンプです。 ドヴォルザークのピアノ3重奏曲第3番を聞きながらセッティング、スピーカーの位置、ケーブルの取り回しをアドバイスさせていただきました。タンノイならではのステージ感、 そしてアルニコマグネットならではの濃やかな弦楽器、特にチェロの質感が良いですね。あとは時間をかけて鳴らし込んで頂ければと思います。


東京都Y様宅
ワルターやリパッティ等、往年の名匠の写真やイラストが品良く飾られているY様のオーディオルーム。 スピーカーは長年ご愛用のTANNOY「Arundel」です。今回はLUXMANの「D-06u」、限定モデル「CL-38uL」、「MQ-88uL」を納めさせて頂きました。 8畳ほどですが、天井が吹き抜けになっていて音抜けがとても良いですね。 アランデルが奏でる繊細で温かみのあるサウンドはいつまでも浸っていたいと思わせてくれます。またお聴かせ下さいませ!


長野県S様宅
MYTEK DIGITAL「MANHATTAN DAC」、ORIO SPEC「RITMO」、ウエスギ「UTY-15」プリメインアンプでJBL「S4700」を鳴らされていらっしゃいました。 本当に良く鳴って言うことない状態でしたが、ここまで来たら・・・ということで「DD66000 EVEREST」をご導入頂きました。 その気になると早い方なのですが、頭をよぎったのは奥様のこと。こんな大きなスピーカーを持ってったら何て言われるかと心配していましたが、 天井が4mもあるためエベレストが大きく感じません。奥様も一目見て「いいじゃない、これ!」とおっしゃっていただきホッとしました。 位置やケーブル等、セッティングを行い数時間・・・ピアノ、ギター、バッハチェロ組曲からヴォーカル、トリオ、ビートルズ、 ベイシーやテリー・ギブスもうなんでも来い!という感じ。 マイケル・ヘッジスの漂う余韻の美しさとビックバンドのエネルギーが両立します。 都心では出せない爆音で鳴らしてもスピーカーは平然としてます。 高性能スポーツカーで高速道路をドライブするとこうなるのでしょうか。愉しすぎます。参りました!


神奈川県T様宅
数年前にTANNOY「DC-10A」を導入して頂き、その後少しずつ、そして確実にグレードアップをされております。 現在はプレーヤーTAD「D-1000」、プリMcIntosh「C50」、パワーアンプESOTERIC「S1」のハイエンドシステムです。 今回はパワーアンプをいくつか持ち込みをさせていただき、最終的に「S1」を導入となりました。 「S1」は描写が非常に丁寧で一番演奏が上手く聴こえるアンプでした。素晴らしいサウンドで言うことありません。 これでシステムは完成です。


東京都M様宅
AKUDORIK PASSIVEとMAJIK DSM/2のシステムを納品させて頂きました。 QUADとBOSEシステムからの買い替えになります。SPACE OPTIMISATIONに備えてすでにお部屋の寸法を図面に書いていただくなど準備はバッチリ、 スムーズにセッティングを終えることができました。 最初にかかったのはポリーニの弾くショパンの前奏曲。奥様が「前の方が良い!」とおっしゃるので「えっ本当ですか?」と思わず言ってしまいました。 「旧録音の方が好きですね」とのこと。音ではなく演奏だったのでホッとしました。 1度だけですが私もポリーニのコンサートを聞いたことがあります。 その時の話をするとお二人とも大ファンとのことで、来日公演は当然としてミラノまで聞きにいったこともあるそうです。 写真はその際のポスター。幻想ポロネーズにリストのロ短調ソナタなど凄いボリュームのプログラムですね。 生演奏のこだわりは半端ないM様ご夫妻ですが、NASからの再生はもとより、 ベルリンフィルのデジタルコンサートも滑らかに再生するDSMシステムでご自宅の音楽ライフもより充実して行くと思います。


千葉県Y様宅
数年前から何度かご相談を受けていましたが伺ったのはこれが初めてです。 これほど立派なオーディオルームだったとは知りませんでした。 書斎をオーディオ用にリフォームしており、床も非常にしっかりしています。 システムはモニターレッドをマランツ7、マッキントッシュMC240という往年の銘機で固めたヴィンテージです。 シューリヒト/ウィーンフィル、クララ・ハスキルのピアノ、ユーミンなどを聴かせて頂きました。 K-03Xは厚みとしなやかさを併せ持つプレーヤーです。 弦楽器のハーモニー、雰囲気が抜群。軽やかで、かつコントラバスの低音もしっかりと表現されています。 ポップスもカッチリした音ではありませんが、ヴォーカルの豊かな表現を楽しめます。ピアノの音が漂う感じもさすがです。 今回のエソテリックXバージョン、このようなヴィンテージシステムにもお勧めです!


神奈川県N様宅
LUXMAN CL-38uL/MQ-88uLを納品させて頂きました。 2年ほど前にHARBETH SUPER HL5 をお届けした際、次はアンプを、とおっしゃっていました。 それから試聴を重ねられ、今回90周年限定モデルをご導入頂きました。 このモデルを納品するのはこれが初めてですが、CL-38uLをQUADRASPIREラックに収めると品のある仕上げが本当に映えますね。 最初の曲は、試聴時にも聞かれていたシューベルトのアルペジョーネ・ソナタでした。 弦の音色が柔らかくもどこかキリッとしたものを持っている上質なサウンドに癒されます。 N様の第一印象は「音がクリアになり、音の厚みが増してきました」とのことです。 ハーベスの持つ落ち着き、スケール感を上手に引き出している素晴らしい組み合わせだと思います。末長く音楽をお楽しみ下さいませ。


東京都O様宅
O様宅へLINN 「KLIMAX DS/2」を納品させて頂きました。長年「AKURATE DS」 をご愛用いただいておりましたが、 これでプリ、パワーと共にフルクライマックスシステムになりました。スピーカーはSONUS FABER GUARNERI MEMENTO です。 最初は寝ぼけてましたが30分ほどして大西順子のトリオあたりからガルネリの目がカッと開いてきました。 ドラムソロもバシッと決まるライブ感が凄い!ガルネリが素晴らしいスピーカーなのは十分に知っているつもりですが、 この躍動感がいきなり出てしまうのですね・・・。これでシステムとしては完成です。後は聴き込むだけですね。


神奈川県A様宅
システムはLINN「AKURATE DSM/2」、「AMPZILLA 2000」、BRODMANN「VC7 Pommele仕上げ」。ブロッドマンはJBL「S9800」からの買い替えになります。 納品後2カ月経って再度伺いました。 DSM納品当初は戸惑われていた操作、リッピングもすっかり慣れ、「PCからのYOUTUBEの音が凄く良いんですよ」と音楽ライフを満喫されているご様子です。 毎日鳴らし込みをしながら位置を調整され、ニアフィールドでも、 音の密度、艶やかさを感じる魅力溢れるサウンドに進化していました。 それまでが38cmウーファーだったので低域が弱くなることをを心配されていましたが、 BRODMANNはスケール豊かでなおかつ深みがあります。「素晴らしいですね」と大変気に入って頂いております。


千葉県O様宅
素晴らしいお部屋にLINN「KLIMAX DSM/2」、McIntosh「C2500」、「MC601」、BRODMANN「VC7」のシステムを納品させて頂きました。 最新のKLIMAX DSMから送りだされるサウンドのクオリティーがそうさせるのか、アンプのゆとりなのか、 BRODMANNの凄さなのか、とにかく目の前がライブ会場になったかのような雰囲気に圧倒されます。 「VC7」の仕上げはBirdseye Mapleです。 写真だと白っぽくなっておりますが、落ち着いて高級感のある良い仕上げです。 その後何度かお伺いさせて頂いておりますが、どんどん音が進化しております。


東京都K様宅
LINN 「AKURATE DSM」「AKURATE 4200」「AKUDORIK PASSIVE」を納品させて頂きました。 ハーモニカ奏者でもいらっしゃるK様、「とてもクリアーで生の感じが良く出ています」 と喜んで下さいました。ブルーレイ、APPLE TV、PCも接続し、DSMの愉しさをフルに活用して頂いております。 当初、ここまでのシステムは検討されていなかったとのことですが、 棚の造りといい、色合いといい全てがピッタリ。このシステムを待っていたかのでした。


東京都M様宅
LINN「KIKO DSM」を納品させて頂きました。DS+2WAYアクティブ(マルチアンプ)再生が可能な「KIKO DSM」、 良い音をできるだけスペースを取らないで、というご要望にまさにうってつけのシステムです。 もちろんSPACE OPTIMISATIONも利用可能。 お部屋の寸法等の基本項目に加え左側にある窓の大きさ、 床からスピーカーの底面までの距離等も打ち込み計測開始・・・70Hz〜80Hzに大きなピークがあることがわかりました。 モーツアルトの弦楽四重奏で聴き比べると、明らかにもやがとれクリアーな弦楽が聴こえてきました。 M様も「全然違いますね、これで十分です!」と喜んで頂きました。 EXAKTはもちろん凄いですが、KIKOは価格を考えると驚異的なパフォーマンス。メインシステムにもサブシステムにもお勧めです!


神奈川県N様宅
オーディオは数十年ぶりに復活されたとのことです。 JBL「4429 」、McIntosh「MA5700」、DENON「DCD-1650RE」のセット。 「4429」は大きすぎず、小さすぎずとても良いサイズですね。 音もスタジオモニターの魅力を凝縮したもので、 やはりマッキントッシュとの組み合わせは最高です。 素晴らしいリビングルームで豊かなサウンドを満喫されていらっしゃいます。


東京都E様宅
こちらも格好良いお部屋でした。DJもされるE様のシステムは B&W「804SD」、McIntosh「MA6600」、「MCD-550」。 お好みに合った音を求めて1台1台ご購入頂きました。 環境音楽というのでしょうか。普段聴かないジャンルなのですが、 静けさの中にビートを刻む電子音がこんなに心地良いとは思いませんでした。 素晴らしいシステムの完成しました!


神奈川県T様宅
オーディオルームは落ち着いた雰囲気のお洒落なお部屋。 ウィーンアコースティクの「BEETHOVEN CONCERT GRAND」に ESOTERIC「K-03」、TRIGON「SNOWWHITE」、EAR「861」のシステムです。 EARの真空管アンプで鳴らすウィーンアコースティックは暖かみと気品を感じるサウンド。 微妙なニュアンスもしっかりと描きつつ、すっと音が入ってきます。 納品は午前中でしたが、夜ウィスキーを片手に聴けたら最高ですね。


東京都A様宅
B&W「805SD」MARANTZ「SA-11S3」「PM-11S3」を納品させて頂きました。 お引越し直後でしたので、エコーが出ますが、 家具は入っていけばすぐ解消されると思います。 定番システムで音も安心感があります。


神奈川県H様宅
大人気のHARBETH「HL COMPACT7 ES3」を納品させて頂きました。。 AURAの「NEO」「GROOVE」というシンプルなシステムです。 GIOVANNI ALLEVIのピアノを聴かせて頂きました。 凄い才能ですね!すぐディスクを購入しました。 音は自然な音色とスケール感。 リビングオーディオとしては十分なクオリティーです。


千葉県O様宅
古いMcIntoshで最新のJBL「S4700」が加わりました! 大型スピーカーですが、この天井。 解放感のあるお部屋にすぐ馴染んでくれました。 もちろん音も言うことありません。 本当に良いスピーカーですね。


神奈川県A様宅
B&W「804SD PIANO BLACKを納品させて頂きました。 定番MARANTZのシステムで聴くクラシックはクリアで高純度なサウンドが魅力です。 コンサートのDVDも大迫力で楽しめます。 ベストバイのスピーカーならではの音を聴かせてくれました。。


千葉県Y様宅
B&W「802SD PIANO BLACK」を納品させて頂きました。 以前に何枚かYAMAHAの「ACP-2N」をお買い上げ頂いたのですが、 スピーカーの後ろにあるのは・・・自作? 寸法も全て同じで作ったそうです。「結構大変、割に合わないよ」って笑っておられました。 でも凄い情熱ですね。「PMA-S10II」でも十分な厚みで楽しく聞かせてくれます。 次は「PMA-SX1」にグレードアップされるとのことでした。


東京都G様宅
ウエスギ「U BROS30 MK2」の納品で伺いました。 ご来店時のお話からベテランのオーディオファイルだとは感じていましたが、 MICRO「SX-8000II」、MARANTZ「MODEL7」、そしてウエスギで鳴らすVITAVOX「CN191」・・・素晴らしかったです。 ムーティ―指揮“AIDA”、フランソワのショパンなど このままずっと聴いていたいと思うサウンドでした。


群馬県N様宅
DENON「DCD-SA1」、McIntosh「MA7000」、JBL「S4700」というバランスのとれたシステムです。 納品場所は素敵なリビングルームです。大型スピーカーですが、上手く収まりました。 大きなホーンとウーファーの威力でジャズ、ボーカルがライブ感のあるサウンドで楽しめます。 「S4700」はとにかく鳴らせば鳴らすほど良い音になります。またいつかお聴かせ下さいませ。


東京都T様宅
新築のお宅にシステムを納品させて頂きました。 MARANTZ「SA-15S2」、DENON「PMA-2000RE」、B&「804DIAMOND」の組み合わせです。 804はガラス窓の前に置くため反射が心配でしたが、上手くラウンドしているためか 嫌な音が一切出ません、というより意外なほどウェルバランスでした。 合唱曲、オーケストラ・・・ふんわりした雰囲気で小音量でも素晴らしかったです。


東京都N様宅
LINN「NINKA」に合わせるアンプ、プレーヤーの御相談でご来店されました。 当然?お買い上げいただいたのは同じLINNの「MAJIK DSM/1」。 コンパクトな筺体ですが、入出力は非常に豊富です。 機器も沢山お使いのためHDMI、フォノ、デジタル、アナログ入力の全てを 御活用頂いております。音も操作性も大幅にグレードアップとのことです。


新潟県K様宅
FRANCO SERBLINの「ACCORDO」を納品させて頂きました。場所は・・・B&Wの最高傑作「SIGNATURE DIAMOND」の隣です。 クラシックに造詣の深いK様のチョイスで、ヴィヴァルディーのコンチェルトからヒンデミットの管弦楽まで様々なジャンルを聴かせて頂きました。 試聴環境としてはニアフィールドになりますが、前方にステージが見えるような提示の仕方と味わい深い音色はアッコルドの良さが十分に出ています。 鳴らしこんでいくとホール感がより出てきます。 またいつかお聴かせ下さいませ。お土産に頂いたお酒もビックリするくらい美味しかったです。


東京都O様宅
書斎にB&W「805SD/BLACK」、MARANTZ「SA-11S3」、MARANTZ「PM-11S3」を納品させて頂きました。 後日ノイズが出るディスクがある、とのご連絡があり、慌てて伺いましたところ録音のノイズということが判明しました。 以前のスピーカーでは聴こえなかったそうで 高精度なシステムだとその辺も良く見えてしまう、ということをお伝えしました。 音質は大変気に入っていらっしゃるとのことで安心致しました。


神奈川県K様宅
人気のHARBETH「HL COMPACT7 ES3」を納品させて頂きました。 ATOLLのプリメインアンプとの組み合わせで爽やかなサウンドを奏でてくれました。 リビングでもすっとなじむお洒落なシステムです。


長野県T様宅
長野県T様。30年間オーディオから遠ざかっていたそうですが、 退職を機に最高のシステムをということでお選び頂きました。TANNOY 「KENSINGTON/GR」をLUXMAN「PD-171」、 「D-06u」、「L-590AX」というラックスマンのシステムで鳴らします。 CDで再生したベートーベンの運命から「凄い!」を連発。 翌日のコンサートプログラムというショパンのピアノコンチェルト1番はレコードで・・・全曲じっと聴いていらっしゃったのが印象的です。 気高くふくよかな音がリビング一杯に広がりました。T様に喜んで頂いて、帰りは近くの善光寺にもお参りできて本当に良かったです。


東京都K様宅
今回は個人宅ではなくお店。しかもお蕎麦屋さんです。 駒込の老舗「総本家 小松庵 駒込本店」が移転して新たにオープン。 お店の1階にSTUDIO FRANCO SERBLINの「ACCORDO」を納品させて頂きました。 洞窟をイメージしたフロアーは、外から入る光がお洒落で雰囲気が抜群。 アッコルドを再生するのはこだわりのLPのみ。こちらのお部屋は要予約とのことです。 場所は駒込駅からすぐ。六義園の目の前という絶好のロケーションです。


東京都N様宅
JBL「S4700」とMcIntosh「MA6700」を納品させて頂きました。 ご予算を大分オーバーしてしましまったとのことですが、「聞いてしまうとダメですね」というわけで、 マッキンJBLの黄金の組み合わせでご成約。 フュージョン、ロックが豪快に鳴ります。音量を上げれる環境は羨ましいです。


東京都S様宅
B&Wの「804SD/B」を納品させて頂きました。ピアノブラックは高級感がありますね。 音も見た目通りの品の良くスムースなサウンドです。今後ケーブルのグレードアップもご検討とのことです。 どんなふうに変わっていくのか楽しみです。


長野県S様宅
軽井沢の別荘にJBL「S4700」を納品させて頂きました。 天井も高く響きも適度なリビングルーム、音も出せるという理想的な環境です。 早速アナログで聴くコルトレーンの「BLUE TRAIN」を再生しました。 カッコいい・・・エネルギー感溢れるサウンドが痛快です! システムはDENON「DCD-1650RE」「PMA-2000RE」YAMAHA「GT-2000」、OLIOSPEC「RITMO DSD」、 MYTEK DIGITALのDAC「Stereo192-DSD DAC M」と組み合わせてあります。DSDとアナログの愉しさを満喫できるシステムです。。


東京都K様宅
念願のオーディオルームを造られたとのことで呼んで頂きました。 まずMAGNEPAN「MG3.7」がドーンと目に飛び込んできます。 アンプはDUSSUN「R-10」、McIntosh「MC252」×2でドライブされています。 アクセサリーは電源周りに中村製作所に自作の電源ケーブル、 インシュレーターにはfinite-elementeを数多く導入されていらっしゃいます。 空間が広く、音が軽々と出てきて臨場感が抜群!平面型のスピーカーは一般的にセッティングが難しいと言われますが、 ベース、バスドラも全くダブつかず、ほど良く締まっているのはさすがです。 非常にレベルの高い再生音です。


神奈川県T様宅
ご新居にTANNOYの「DC-10A」とMcIntosh「C50」「MC452」を納品させて頂きました。 ロックもメインで聴かれるのですが、試聴されて選ばれたのはタンノイの最新モデル。 意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが良いのです。 アンプも何度か試聴され結局プリメインからセパレートにグレードアップされました。 音の厚み、ノリが断然違いますね。 プレーヤーは後日TAD「D1000」を御注文頂きました。 更に厚みが出てきました!


神奈川県T様宅
久しぶりにGERMAN PHYSIKS「HRS120」を納品させて頂きました。 クリアーでお部屋中に広がるサウンドはDDDユニットの特徴で・・・やはり良いです。 「我が家には無指向性が一番かと思いました。」とT様もおっしゃってましたが、 リビングルームに置くと特に無指向性の良さが出ます。 何かのオブジェにも見えなくもない形も素晴らしいですね。 GERMAN PHYSIKS・・・もっともっと評価されて良いメーカーだと思います。


山梨県A様宅
Franco Serblinの「Accordo」を納品させて頂きました。 きれいで広々としたオーディオルーム、いつ見ても羨ましいです。 サイズを全く感じさせない自然なスケール、そして 前方に現れるステージ。奥行きや高さも感じ取れるのです。 シューベルトからマイルスまで、本当に瑞々しいサウンド。 いつまでも聴いていたいと思うのです。 残念ながら「Accordo」がフランコの遺作となってしまいました。 本当に残念です・・・どうぞ是非末永くご愛用くださいませ。


千葉県H様宅
昨年からPCオーディオでシステムを組みたいとのご相談を 頂いておりました。何度かご試聴頂き、スピーカーは JBL「4429」、アンプはMcIntosh「MA6600」、 USB DACには新製品のLUXMAN「DA-06」となりました。 趣のある洋間にセットされたJBLマッキンの組み合わせ良いですね。 すでにPCに入っていたDSDファイルで厚みのあるアナログライクな サウンドを楽しませてくれました。


東京都H様宅
数年前にB&W「804S」をご購入頂いて以来、 少しずつグレードアップしてこられましたが、後悔しないようにと LUXMAN「D-06」「L-590AX」の導入をご決断されました。 “ホテル・カリフォルニア”の厚みのある演奏が最高でした。


東京都H様宅
シンプルで高音質なシステムをお探しとのことでフロアの おすすめシステムをご提案させて頂きました。 LINN「MAJIK DSM/1」とB&W「805 LIMITED EDITION」。 LANは引きまわしたくないとのことで、PLCにて接続しています。 リッピングディスクの素晴らしさは言うまでもなく、HDMI入力での ライブのブルーレイの再生も本当にリアル。奥様も驚かれてました。


千葉県O様宅
新築のリビングにJBLの「S4700」を納品させて頂きました。 システムはDENON「DCD-SA11」、McIntosh「C46」「MC402」 15インチのグリップ力がたまりません。ついついボリュームを 上げたくなりますね。こんな大きなスピーカーをお持ちして 大丈夫かと心配しましたが、奥様の笑顔に一安心です。


東京都M様宅
綺麗なマンションのリビングルームに1システムを納めさせて頂きました。 システムは、SACDプレーヤーがLUXMAN「D-05」、プリアンプはLINN「AKURATE DSM」、 パワーアンプは「AKURATE 4200/1」、スピーカーはB&W「804SD/PB」です。 DS+B&Wの組み合わせは細かな音のニュアンスが良くでるのですが、 M様の804SDはバイアンプでドライブしているため本当に伸び伸びと鳴ります。 ブルーレイプレーヤーで観る映画もDSMを通すと迫力が全然違うと驚かれてました。 SONG CAST機能やインターネットラジオも気に入って頂けました。お勧めして本当に良かったです。


東京都S様宅
McIntosh「MA660」とJBL「S3900」を納品させて頂きました。8畳ほどのお部屋に丁度良く収まりました。 マンションの角部屋で隣は通路、下は空いており、音は出し放題という羨ましい環境です。 写真が暗くなってしまいましたが、 「MA6600」のパネルは本当に雰囲気が有ります。「S3900」はウーファーが馴染むのに少し時間がかかります。 その間は出来るだけ大きめに鳴らして頂ければと思います。半年後が楽しみですね。


東京都N様宅
B&W「805SD」、LINN「MAJIK DSM/1」のシステムを納品させて頂きました。 「MAJIK DSM/1」は音質の素晴らしさはもちろんですが、機能がとにかく豊富です。 HDMIやTOSLINKケーブルでAV機器と接続。テレビ、NASの音源はもちろん、ブルーレイもAPPLE TVもLINNクオリティーで楽しめます。 N様も「滅茶苦茶愉しいです!」とのこと。超シンプルながら、大型システムに負けない品位の高さを誇る、お勧めのシステムです。


東京都Y様宅
広々としたリビングルームの一角に、ハーベスの「HL COMPACT7 ES3」にラックスマン「D-05」「L-507u」 というお勧めの組み合わせを納品させて頂きました。ラックスマンとハーベスの組み合わせは楽器の質感が自然でスケール感も十分です。 ベートーベンのシンフォニーを聴かせて頂きました。お部屋の響きも豊かで、 反対側のテーブルで聴いているとホールトーンをも感じます。


東京都K様宅
JBL「4429」を納品させて頂きました。K様のお部屋も男の城。6畳ほどのお部屋に車や、戦艦大和の模型、写真など所狭しと置かれていました。 システムはLUXMAN「DU-7」、McIntosh「C40」「MC7300」。 それまでお使いだった「S143」と比べると「ホーン帯域の音が太くでますね」とのことです。 この時代のマッキントッシュで鳴らす「4429」も柔らかくて良いですね。


東京都Y様宅
納品先は高層マンションのリビングルーム。 窓からはスカイツリーがバッチリ見える抜群のロケーションです。 システムはMARANTZ「SA-13S2」、McIntosh「MA6300」、JBL「STUDIO580CH」です。 JBLにマッキンは黄金の組み合わせ。ラーシュ・ヤンソン・トリオはドラムとベースの存在感がしっかりあり、 ピアノのタッチもとてもクリア。ライブハウスにいるような雰囲気で楽しめました。


長野県T様宅
お客様のご紹介で古いLP12の調整とアップグレードのご相談を承りました。 組み立てジグを持ち込み、内部のクリーニング、メンテナンス、 バルハラ電源から別電源のLINGOにアップグレードし、カートリッジはORTOFON「MC30W」へ。 セットアップ完了後、愛聴版というミンツの弾くベートーベンのヴァイオリンコンチェルトをかけました。 B&W「804SD/PB」からふくよかな弦の調べが豊かに響きました。 この包容力と密度は格別!LP12はやはり凄いですね。


神奈川県S様宅
B&W「SIGNATURE DIAMOND」のグレードアップで、LINN「AKURATE DSM」「AKURATE 4200/1」を納品させて頂きました。 DSによってCDの音質が劇的に向上!SIGNATUREの持つ広大な空間の中に肉厚で実体感のあるサウンドが目の前に現れました・・・。 美しいリビングの雰囲気を損なわない、ハイエンドホームシアターの完成です。


東京都H様宅
E・バスティアニーニのバリトンをこよなく愛し、 ご自身もプロ級の歌い手でいらっしゃいます。 よりご自身のイメージに近い再生をということで、 数台のプレーヤーをご自宅で聴き比べて頂き、選ばれたのがLUXMAN「D-08」でした。 カンタベリーが更に雄大に、そして包み込まれるように鳴り出します。 古い音源も細くならず、暖かみのある点も高く評価して頂きました。 夕飯もご馳走になったのですが、パスタもサラダもビックリするほど美味しい・・・ こだわりは音も味も同じなのだと改めて感じました。


長野県S様宅
軽井沢の別荘にお邪魔しました。 広々としたリビングは天井も高く、とても静か。 景色も素晴らしく、音も出し放題とそれは羨ましい環境です。 システムはKEF「R700」、DENON「DCD-1650RE」「PMA-2000RE」。 OLIVE「4HD」はMYTEK DIGITALのDAC「Stereo192-DSD DAC M」と組み合わせてあります。 スピーカーの足元や電源やケーブルの見直しをS様と一緒に行いました。 3時間ほどで緻密かつ雄大なサウンドになりました。 空気が澄んでいて紅葉も綺麗、近くに美味しいイタリアンも・・・言うことありません。


東京都T様宅
LINNの「MAJIK DSM/1」とDAVONE「MOJO」を納品させて頂きました。 インテリアとしても秀逸な「MOJO」は、無指向性のスピーカー、ライブ感が良く出ます。 シンプルなシステムですが、DSMの機能は超豊富、音のクオリティーも高くこれで十分・・・と言う気がしてきます。 大きな窓からの見晴らしも最高でした。


東京都K様宅
当初100万円代クラスのスピーカーをお探しだったのですが、 奥様の「これがいい!」一言でSONUS FABERの「STRADIVARI HOMAGE」に決定。 アンプは、マッキントッシュ「C46」とLINN「KLIMAX CHAKRA TWIN」、 プレーヤーはLINNの「LP12」。置き場所が限られているため、内蔵電源の「MAJIK LP12」に「KEEL」「EKOS SE」を加えた、 言うなれば「MAJIK LP12SE」です。いつも素晴らしい演奏家のヴィンテージレコードを聴かせて頂きます。 その強力な吸引力に身動きがとれません・・・。


東京都I様宅
B&W「PM1」は、発売されたばかりの「PM1 LIMITED EDITION」と専用スタンド「FSPM1 LIMITED EDITION」です。 美しいレッド仕上げ(バーガンディー・ピアノ・フィニッシュ)。 納品場所は、2Fのリビングルーム。とても明るく風通しの良い素敵なお部屋でした。 AURAもテレビラックにピッタリ収まり、スタイリッシュで高音質のシステムが完成。坂本龍一のピアノソロをかけて頂きました。 以前お持ちだったコンポではすぐ飽きてしまったとのことですが「タッチが分かる・・・そこで弾いてるみたい」と奥様。 表で遊んでいる子供の声とピアノの音色がブレンドされた、何とも言えない音の光景に感動しました。


東京都T様宅
LINNの「AKURATE DS/d」をご購入頂きました。 システムは「LP12」「MAJIK KONTROL」「C6100」「AKURATE242」と全てリン製品、クアドラスパイアのラックも メイプル仕上げできれいにまとめられていらっしゃいます。 DSは、今までご使用いただいていた「MAJIK CD」と置き換えてセッティングしました。 久しぶりにT様のシステムを聴かせて頂きました。 アクティブ駆動ということもあり、音離れがとても良く、フレッシュなサウンドです。DSになってよりクリアになりましたね。 次はアンプの電源アップグレードを検討されるとのことです。


東京都H様宅
システムはMETRONOME「T2i」、LINN「KLIMAX KONTROL SE/d」、VIOLA「FORTE」、SONUS FABER「GUARNERI MEMENTO」です。 以前からのお得意様なのですが、ご自宅で音を聴かせて頂くのはこれが初めて。 丁度良お機会なので、一緒に音を聴きながらセッティングをさせて頂きました。 スピーカー端子のクリーニングからはじめて、ケーブルの這わせ方、電源の取り方を見直しました。 こんなことが?ということでも音ががらりと変化するのに驚かれてました。 2時間ほどでチェロとコントラバスの厚みが出てスケール感が大きくなりました。 ガルネリは鳴りだすと凄いですね。シューマンのビオラソナタが最高でした。


東京都T様宅
LINNの「AKURATE DS/d」をご購入頂きました。 システムは「LP12」「MAJIK KONTROL」「C6100」「AKURATE242」と全てリン製品、クアドラスパイアのラックも メイプル仕上げできれいにまとめられていらっしゃいます。 DSは、今までご使用いただいていた「MAJIK CD」と置き換えてセッティングしました。 久しぶりにT様のシステムを聴かせて頂きました。 アクティブ駆動ということもあり、音離れがとても良く、フレッシュなサウンドです。DSになってよりクリアになりましたね。 次はアンプの電源アップグレードを検討されるとのことです。


東京都M様宅
ご注文頂いてから3カ月・・・ようやくFRANCO SERBLIN「ACCORDO」が入荷しました! 気品というか、優雅というか、瀟洒なマンションのリビングルームに置くのにふさわしいオーラがありますね。 アンプのボリュームを上げるといきなりヴィヴィッドな音が広がり、 M様も「モノが違うね」と一言。ポール・ルイスの弾くベートーベンのピアノコンチェルト。 鮮やかなピアノのと柔らかな木管の対比は見事。スケール感の豊かさにも驚かされました。 プレーヤーはLUXMAN「D-06」、アンプはウエスギ「UTY-15」。シンプルですが、音楽性の高いとても良いシステムです。


千葉県S様宅
去年、B&W「804SD」とDENON「DCD-1650SE」「PMA-2000SE」のシステムを納品させて頂きました。 今回はJBL「4429」。「804SD」とは違う傾向のスピーカーを追加したいとのことでした。 CDはStanley Clarke Band、レコードでモンクの「クリス・クロス」を聴かせて頂きました。 JBLで聴くジャズ・フュージョン系はやはり痛快!腹に来るベース、ヌケの良いシンバル・・・。 まだ鳴らし始めですが魅力は十分に出ていました。 綺麗なリビングルームで庭を眺めながら聴く音楽・・・至福の時間ですね。


東京都M様宅
マランツのプレーヤー「CD6004」とマッキントッシュのプリメインアンプ「MA6300」を納品させて頂きました。 お部屋に入ると思わず絶句、HOゲージを中心とした鉄道模型がギッシリなのです。 写真だと分かりにくいですが、棚は真鍮製の機関車がきれいに並んでいます。 スピーカーはJBLのアポロ。オリンパス同様の格子グリルで カッコいいです。スピーカーの上には橋と商店街・・・。 ドナルド・バードのトランペットを聴きながら小さな機関車が走るのをひたすら眺めてました。 鉄道模型とオーディオ・・・趣味の王様を同時に満喫できる最高に贅沢なお部屋でした。


埼玉県H様宅
ESOTERIC「K-01」の納品で伺いました。 お使いのスピーカーはPMCの「BB5」。4,5年前に納品させて頂いてから アンプやケーブルのアップグレードを計られていらっしゃいます。 「K-01」のポテンシャルの高さもさすがですが、このシステムの中心はスピーカーでしょう。 オーディオを聴いている気がしない・・・自然で悠々とした圧巻の再生でした。 このような大型スピーカーを入れるのには勇気が必要だと思いますが、 迷うことなく導入されたH様。その熱意にスピーカーも答えていると感じました。


東京都A様宅
B&W「804DIAMOND」を納めさせて頂きました。ピアノブラック仕上げは抜群の高級感があります・・・やはり映えますね。 システムはトランスポートがエソテリック、DACがDCS、アンプがアキュフェーズというハイエンドシステムです。 スパイクは標準ではなく、「T-PROP」を使用しました。 スパイクとスパイク受けが一体となった優れモノ。床を傷つけずにセットできます。 次は調音パネルを導入したいとのことでした。今後が楽しみですね。


千葉県Y様宅
グランドピアノが置かれたリビングルームにWIENNA ACOUSTICS「Beethoven Concert Grand」、DENON「PMA-SA11」、「DCD-1650SE」を納めさせて頂きました。 試聴時にお持ち下さったディスクのうちブレハッチが弾くショパンの舟歌が印象に残っていたので、 奥様に尋ねるとショパンコンクールのライブのディスクと教えて下さいました。 なんと、その時のショパンコンクールを聴きに行かれたそうです…うらやましい。 ご夫妻でウィーンにも何度も訪れていらっしゃるということで、 ウィーンの珈琲を頂きながらウィーンフィルがバックのアシュケナージの弾く皇帝聴かせて頂きました。 スピーカーも・・・とても贅沢な時間でした。


東京都Y様宅
McIntosh「MA6300LTD」とELAC「FS247SE」をご購入頂きました。 アンプの隣にあるのはTechnics「SB-M01」という小型スピーカー。 私が高校生の時憧れてました・・・懐かしいです。 シューベルトの「死と乙女」を聴かせて頂きました。 鳴らし初めは少し固めでしたが、後ろのポートを外すとチェロの存在感が増してとても良いバランスになりました。 次はスピーカーボードを検討されているとのこと。次回聴かせて頂くのが楽しみです。


東京都N様宅
FOSTEX「G1302MG」、MARANTZ「SA-15S1」、DENON「PMA-SA11」というシステムです。 FOSTEXの「G1302MG」は販売はしておりましたが、発送だけでしたので、 納品するのはこれが初めて。どんな音か楽しみにしておりました。 新品なのに硬さを感じないのはマグネシウム振動板のおかげでしょうか。 「タイスの瞑想曲」から甘美な音色が広がったのには驚きました。 サイズも適度で仕上げもリビングに置くのにふさわしいものです。 N様も気に入って頂けたとのこと、嬉しかったです。


埼玉県K様宅
WIENNA ACOUSTICS 「MOZART GRAND SYMPHONY EDITION」を納めさせて頂きました。 綺麗に整頓され響きも適度にある書斎です。 CD棚にはディスクがギッシリ・・・古典派以前の音楽を多く聴かれているそうです。 モーツァルトやスカルラッティを聴かせて頂きましたが、中でもシュッツという作曲家の「十字架上のイエスの七つの言葉」が素晴らしかったです。 静けさ深さ・・・初めて聴く音楽でしたが、とても気に入りました。 後日「みるみる鳴るようになってきました。」と嬉しいメールを頂きました。 次はプレーヤーのグレードアップをご検討とのことです。


千葉県S様宅
MARANTZの「SA-11S2」、McIntosh「MA6300LTD」、B&Wの「802DIAMOND」を システムで納品させて頂きました。 お引っ越しされたばかりで、「部屋が狭いから・・・」とおっしゃっていたS様、 私は「804DIAMOND」をお勧めしたのですが、どうせ買うならと「802DIAMOND」をご決断されました。 マッキントッシュのパネルとピアノブラックの802が映えますね。 接続を終えて、マッキンのボリュームを上げると・・・イーグルスの“ホテル・カルフォルニア”が、スケール感豊かに再現されました。 スピーカーにはSEISISの免震ボードでケアをしており、地震対策も万全です。


東京都K様宅
LINN「MAJIK CD」、McIntosh「MA6600」、DALI「HELICON400」のシステムで 主にジャズを楽しまれていらっしゃいます。 濃密なヴォーカルがリビング一杯に響きます。 今回の「MA6600」導入に伴いアナログも復活させたいということで、 PHASE TECHのMCトランス「T-3」もお買い上げ頂きました。 ラックはQUADRASPIREの「Q4D」。 チェリー仕上げが同じHELICONと上手くマッチしました。 次はDSを導入されたいとのこと、楽しみですね。


東京都N様宅
以前はセパレートアンプでハイエンドオーディオを楽しまれていらっしゃったN様。 転勤もあり現在はシンプルなシステムですが、少しずつグレードアップをお考えでいらっしゃいます。 まずは、B&W「805SD」とスピーカースタンド「S60-2022T」を納品させて頂きました。 音が出た瞬間に「全然違いますね。」と一言。明るいリビングルームにクリアな音が広がりました。 CDが5000枚以上とのこと、次はオリーブのネットワークプレーヤーを 導入したいとのことです。


埼玉県S様宅
BURMESTER「051」、「052」、SONUS FABER「GUARNERI MEMENTO」という 比較的小型のシステムですが、ハイエンド製品ならではの音楽性を備えています。 中高域の良さは言うまでもありませんが、サイズからは信じられないほどスケール感が豊かです。 ブルックナーの8番はコントラバスがしっかりと音楽を支えてくれます。 DVDで見せて頂いたルービンシュタインのライブも時代を感じさせない生々しさで 臨場感溢れるショパンを聴かせてくれました。


東京都F様宅
ESOTERICのプレーヤー、BATの管球プリ等のハイエンド機器をお使いでいらっしゃいます。 スピーカーのグレードアップでご相談頂き、選ばれたのはB&W「804 DIAMOND」。 デュメイとピリスのバイオリンソナタは、自然な広がりの中にも緊張感のあるバイオリンの音が印象的でした。 今後の鳴らしこみででどのように変化するか楽しみです


東京都M様宅
アナログプレーヤーをグレードアップしたいとのご相談を受け3機種セッティングしました。 じっくりと試聴して頂き、選ばれたのがLINN「LP12」(アームAKITO3、カートリッジGOLDRING LEGACY)。 音質はもちろんのこと、サイズや仕上げも好印象だったそうです。 納品先はマンションのリビングルーム。センスの良い家具と 沢山の緑が絶妙にマッチして不思議と寛げます。 40年代のクラシックから最近のPOPSまで幅広く聴かれるM様ご夫妻。 モノラル、ステレオ、録音時期そしてジャンルを選ばず、 一本の溝から心地良い音楽を引き出してくれるLP12を 大変気に入って頂いて下さいました。


千葉県S様宅
元々は真空管アンプで楽しまれていたS様。 300Bシングルのアンプの仕上げはプロ級でした。 今回選ばれたのは、B&W「804SD」にDENONの「PMA-2000SE」「DCD-1650SE」のシステムです。 手入れの行き届いたお庭に面したリビングルームは明るく心地良いです。 ローズナットの804は家具ともピッタリ。 リフォームされたばかりのお部屋は適度なライブ感があります。 「PMA-2000SE」のドライブ力も非常に高くジャズが生き生きと鳴ってくれました。


山梨県A様宅
5年ほど前でしょうか、初めてご来店された時から話されていたオーディオルームが完成しました。 高い天井の広々としたお部屋にはSONUS FABER「STRADIVARI HOMAGE」とJBL「4338」が置かれ、 隣にはディスク収納部屋が設けられています。押し入れにLPを詰め込んでいる私にとっては羨ましすぎる空間なのです。 ソースの中心は3台のLINN「LP12」によるLP再生。ハンル「MERA EL」のクリーニングにより最高のコンディションのLPが楽しめます。 2つのスピーカーそれぞれの魅力が存分に発揮されたアナログサウンドに時間を忘れて聴き入ってしまいました。


東京都O様宅
クラシックの中でも、ギドン・クレーメルとサルバトーレ・アッカルドのバイオリンを愛されていらっしゃるO様。 入社当時からお付き合いをさせて頂いておりますが、ブランドのこだわりなく、 音を聴いて選ばれる姿勢は一貫しています。 現在使用されているのはB&W「N802」をLINN「UNIDISK1.1」、MARK LEVINSON「NO.326S」、ELECTROCOMPANIET「AW100」という音楽性の高いシステム。 開放的な空間に気持ち良く弦が響きます。 次はDSを導入予定、現在インターネット環境を強化中とのことです。“理想のクレーメル”にまた一歩近づけると思います。


東京都K様宅
システムは、デンマークTANGENTのトップモデル「PRESTIGE」を、 「CARY 306」、DUSSUN「R-10」、マッキントッシュ「MC252」をブリッジにて鳴らすという贅沢な構成です。 電源周りやルームアコースティックにも気を配られ、機器の良さをより引き出されていらっしゃいます。 POPSの演奏の一体感、ボーカルの肉声感、クラシックはチェロの響きや艶やかさが見事に再現。 どのジャンルを聴いても全体から音に包まれる感じがします。 TANGENT「PRESTIGE」・・・洒落た外見ですが、実力も非常に高いスピーカーです。


東京都H様宅
店頭で聴かれた「803 Diamond」を気に入られて、再度ご来店。 その際、なるべくご自宅の環境に近付けたいとのことで、 PCやFIREFACE UC、ケーブルなどを持ち込まれたのには驚きました。 ご愛用のアンプはLUXの「A3500」、ただしビシェイの抵抗、テレフンケンのEL34などほとんどのパーツを交換されており、 「使っているのはケースとトランスだけ」とのこと。 PC関連はケーブルだけでなく、タップまでに手を加えられノイズ対策は万全。 設定も筋金入りのオーディオファイルならではのこだわりに溢れていました。 ハイビット、ハイサンプリング音源の威力は凄いの一言。演奏者の気配を感じます。 馴染んだらどんな音になっているのでしょうか。 次回聴かせて頂くのを楽しみにしております。


東京都H様宅
SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」は、「CREMONA」からのグレードアップ。 お誕生日には間に合わせてほしいとのことで、大急ぎでオーダーしました。 オペラがお好きなH様、音楽も映像を見ながらがほとんどとのことで、 再生装置はブルーレイプレーヤーのみと割り切られていらっしゃいます。 “白鳥の湖”と“フィガロの結婚”を聴かせて頂きました。 写真だと上手く映らないのが残念ですが、見事な映像と音楽の融合。 オペラファンにはたまらないと思います。


栃木県Y様宅
コンクリート打ち放しの一戸建にお住まいのY様、ご自宅、オーディオシステム共に強いこだわりを感じます。 フローリングに畳を取り入れた斬新なリビングルームにあるオーディオシステムは、 「GUARNERI MEMENTO」にBurmesterにConnoisseurというハイエンドな組み合わせ。 ルームアコースティックは、QRDに加えLABORATORIUM「Flexum」も導入される等とても気を配られています。 天井も高く理想的なリスニング環境で音楽を楽しまれていらっしゃいます。


東京都M様宅
フラッと店に寄られた際に鳴っていた「GUARNERI MEMENTO」の音に 驚かれていたのがとても印象的です。 60年代のロックから映画音楽まで非常に幅広いジャンルを楽しまれますが、 最近はクラシックを聴くことが増えてきたとのこと。 ガルネリで聴くヴォーカル、弦楽器は「小さいのに信じられない音がする」そうです。 後日UNISON RESEARCHの「SINFONIA」も導入して頂きました。 艶やかなイタリアンサウンドを満喫して頂いております。


埼玉県Y様宅
一生付き合えるスピーカーをお探しとのことで、 SONUS FABER「AMATI ANNIVERSARIO」を試聴して頂きました。 音は気に入って頂けたのですが、仕上げをどちらにするかで悩んでいらっしゃいました。 店頭にはレッドヴァイオリン仕上げしかなかったので、グラファイト仕上げを ノアの試聴室で見せてもらうことに。艶やかな仕上げに驚かれ、その場でご注文を頂きました。 お部屋は8畳ほどですが、天井が非常に高く、初めて音を出したとは思えないほど 爽やかな音が聴こえてきました。どうぞ末永くご愛用くださいませ。


東京都M様宅
B&W「804S」をESOTERIC「X-05」、JEFF ROWLAND「CONTINUUM500」で鳴らされていらっしゃいます。 ジャズを中心に聴かせて頂きました。SNが良く、小音量でも明瞭なサウンド。 広々としたリビングルームで、適度なライブ感がとても音楽に合っていると思いました。 スピーカーボードやスパイク受け、ケーブル等のアクセサリーも 効果的に使用されているのが音からも感じられました。


東京都T様宅
MONITOR AUDIO「PL200」をLINNのAKURATEシリーズで鳴らされていらっしゃいます。 DYNAMIK POWER SUPPLYを搭載した最新版。音の表現力、駆動力がより高まっています。 システムを納品させて頂いてまだそれほど経っていませんが、 PCを2台、i pod touchをフル活用し、DSの操作を完全にマスターされているのには驚きました。 DSだけでなく、USBプレーヤーにも興味がおありとのこと。 穏やかで気品のある弦楽器が印象的なサウンドでした。


千葉県県D様宅
TANNOY「YORKMINSTER/SE」のシステムにLINN「MAJIK DS」が新たに導入されました。 マンションから引っ越され立派なオーディオルームに収められたタンノイの スピーカーの鳴り方は以前とは別物。深みのあるサウンドはこれぞタンノイという 感じがします。ラックの下に収められているのは自作のDAC、「MAJIK DS」のデジタルアウトで 素晴らしいサウンドを聞かせてくれました。


神奈川県K様宅
MACのパソコンに囲まれた、おしゃれなオフィスにWilson Beneschの「ARC」を中心とした 音楽コーナーが設けられています。 今回は導入して頂いたのは、LINNの「MAJIK DS-i」。 それまでお使いだったセパレートシステムに比べ、 随分とコンパクトになりましたが、自然な音の出方に驚かれてました。 DS部がクローズアップされますが、フォノイコライザー、デジタル入出力も豊富に備えた、 機能満載のプリメインアンプです。


東京都Y様宅
東京の街を一望できる高層マンションにお住まいのY様。選ばれた SONUS FABER「GUARNERI MEMENTO」は限定のパラディオ仕上げ、 レッドヴァイオリンとはまた異なる品が漂います。 造りつけのラックに収められたフロントシステムは LINNの「UNIDISK1.1」「KLIMAX KONTROL SE」「KLIMAX CHAKRA TWIN」です。 素晴らしい窓からの景色を眺めながら聴く音楽・・・言うことありません。


宮崎県S様宅
様々なシステムをお持ちですが、高い天井を持つメインルームにはSONUS FABER「STRADIVARI HOMAGE」が オーラを放ってます。組み合わせているのはハンドメイドの真空管アンプ。 デジタルディスクはEAU ROUGEの「ER-581SIGNATURE」、 アナログはLINN「LP12SE」とSPIRAL GROOVE「SG2」のダブル使いと贅沢なもの。 柔らい中にも品位の高さが印象的なサウンドです。時が経つのを忘れてしまいます。


千葉県O様宅
クラシックを中心に幅広い音楽を楽しまれているO様、AV機器も充実しています。 システムは、ESOTERIC「X-01 LIMITED」、ACCUPHASE「C2400」、LUXMAN「M-800A」・・・国産の ハイエンドコンポーネントで鳴らすSONUS FABER「AMATI ANNIVERSARIO」は 端正でありながら、色気と厚みのあるサウンドを聴かせてくれました。 アマティーは、オマージュシリーズならではの楽器的な仕上げの魅力に加え、 音量を落としBGM的に聴いても艶やかさが失われないスピーカーです。 リビングでお使いになるのに相応しい作品だと思います。


神奈川県O様宅
ヨーロッパへコンサートツアーに行かれるほどクラシック音楽がお好きなO様。 以前は目の前にあった「803D」に正直なところ圧迫感を感じましたが、 音のためにリフォームをすると聞き本当に驚きました。 工事完了後に再度伺わせて頂きました。 部屋の間の壁を取り払って広々としたリビングは想像以上の快適さ、 後ろの壁からも距離が取れるようになり、繊細な弦の響きが広がります。 適度なライブ感が心地よいです。


東京都S様宅
広々として明るい・・・解放感に溢れたリビングルームに見えますが、実はS様のオフィス。 極上の座り心地のフィン・ユールの肘掛け椅子をはじめ、 インテリアも最高の品が置かれています。 また、広いベランダも使ってパーティーもできるように設計されたそうです。 そんな素敵な空間に選ばれたスピーカーが、GERMAN PHYSIKS「HRS120」。 無指向性なので多くの人が訪れる空間に最良の選択でしょう。 ペアになるのは、LINN「CLASSIK MUSIC」、最小限の組み合わせですが、 新しい「DYNAMIK POWER SUPPLY」を搭載し、実在感のあるサウンドを聴かせてくれます。


長崎県O様宅
佐世保の海に面した高台にあるご自宅の10畳ほどのオーディオルーム。 機器の数が多いのには驚きました。オープンリールが8台、チューナーが6台、スピーカー4セット・・・。 背の高いラックがスピーカーの前を塞いでいる状態でしたので、 メインに使用するもの以外は別室に移動してからセッティングしました。 10時に作業を始めて写真を撮ったのが5時過ぎ・・・さすがに疲れました。 メインスピーカーはWESTLAKE「HR7」。VIOLAの「SPRITO」「BRAVO」のコンビ。 最初に比べると見違えるサウンドになりましたが、 お部屋がライブで響きが多め。 後はルームチューニングを行えば完璧だと思います。


神奈川県K様宅
気品溢れるグラファイト仕上げのガルネリをリンデマンとブルメスターという ドイツのコンポーネントで鳴らされていらっしゃいます。 セッティングも気を使われ、置き場所、ケーブルなどの吟味が音に出ていると感じました。 小型2ウェイスピーカー、SACDプレーヤーとプリメインアンプというシンプルな組み合わせではありますが、 豊かな低域に支えれた芳醇な中高域・・・見事なハイエンドのサウンドです。


岩手県Y様宅
一体何畳あるのでしょうか、圧倒的な広さはハーツフィールドが小さく見えるほどです。 そのお部屋の一方にはマランツやマッキントッシュ、EMT等のヴィンテージの名機がずらり並んでいますが、 現在のメインは、B&W「Signature Diamond」を中心としたシステム。 6月にも伺っていますが、今回聴かせて頂いたのは全く別次元のサウンドでした。 昔のJBLを彷彿とさせる中低域の厚み、演奏者に近い、ホットな再生音。 見ないで聞けばB&Wと分かる方はいないのでは。 たった2ヶ月でここまで鳴らされるとは・・・ベテランのオーディオファイルの 凄みを感じた瞬間でした。これからは最新のLP12と「KLIMAX DS」のデットヒートが続くことでしょう。


東京都W様宅
数年前に建てられたご自宅の1Fはリビングではなく写真のオーディオルーム。 天井は高く、床もしっかりとした、音も居心地も最高のお部屋です。 徐々にシステムをグレードアップし、 先日念願だったというJBL「DD66000」を導入されました。 システムは、EAU ROUGEのモンスタープレーヤー「ER-581Sig」、LINN「KLIMAX KONTROL SE」、ORPHEUS「THREE MONO」 という豪華なものですが、壁コンセントもEAU ROUGE最高級モデル、ボードもgrandezzaの特注でしっかりとサポートしています。 重たいエベレストを何とか動かし、音を聴きながら調整して数時間、ついにエベレストが牙を剥きました! ライブそのものの躍動感溢れるサウンドに自然と体が揺れます。圧巻です!


千葉県T様宅
マンションのリビングルームで奥様と音楽を楽しまれているT様。 CDプレーヤー「CD12」アンプは「KLIMAX KONTROL SE」「KLIMAX CHAKRA TWIN」、 スピーカーは「AKURATE242」とハイエンドの機器を揃えられていらっしゃいます。 今回は「LP12SE」とQUADRASPIREの「VENTO TWIN」を導入して頂きました。 数多くの機器がありますが、コンパクトなリンの製品が大半のため、 スッキリと納めることが出来ました。ずっと聴いていたいと思うナチュラルなサウンドです。


埼玉県M様宅
2年ほど前にLINNのLP12を納めさせて頂きました。 その際「いつかはAKIVAを」とおっしゃってましたが、公約?通りこの度導入して頂きました。 やはり「EKOS」「EKOS SE」には「AKIVA」が似合いますね。 彫りの深い、それでいて新鮮なサウンドがB&Oの「BeoLab 5」から聴こえるようになりました。 BGMとしては6連奏CDが便利、でもじっくり聴くときはアナログが一番とおっしゃるM様の 次なる目標は「RADIKAL URIKA」とのことです。


東京都T様宅
SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」の音と仕上げに魅了され、 じっくりとプレーヤー、アンプを選択されたT様。 プレーヤーはLINNの「AKURATE DS」、アンプはROKSANのCASPIANシリーズ。 将来のお引越しに備え重量のあるコンポーネントは避けられ、 QUADRASPIREのラックにすっきりと収めることが出来ました。 演奏の細かいニュアンス、表現の現れ方が本当に自然。 「ずっと聴いてしまい仕事が手に付かなくなりそうです」とのこと、何よりです。


神奈川県U様宅
オペラを存分に楽しみたいとのことで設計図を持って相談に来られたU様。 内外のコンサートホールを体験され、音楽にも非常に造詣の深い方でいらっしゃいます。 そんなU様が、音と仕上げの美しさから選ばれたのがSONUS FABERの「ELIPSA」。 その後、アンプ、プレーヤーをじっくりと検討され、 家の完成と同時に納品させていただきました。 適度なライブ感のある素晴らしいお部屋。 溶け合う弦楽器、ソプラノが伸び伸びと歌います。 このレベルで名演の数々を楽しめるとは・・・羨ましいです。


東京都I様宅
ONKYO「Scepter5001」を鳴らす プレーヤー、アンプのグレードアップで選べれたのが、 LUXMAN「L-590/2」とLINNの「MAJIK DS」です。 物凄い物量を投入したセプターの能力は高く、 リッピングによる豊富な情報を余すことなく伝えてくれますが、 神経質になることも無く、ゆったりと音楽を楽しめます。 リフォームしたお部屋はとても居心地が良く、 美味しいお酒があれば時間の経つのを忘れてしまいそうです。


東京都Y様宅
レビンソンの「NO.390SL」「NO.383」で鳴らすベーゼンドルファーの「VC7」。 ジャズヴォーカルとクラシックは全般を聞かれるY様、ピアノ、バリトン、室内楽と 様々なジャンルを聞かせていただきましたが、音楽のツボをギュッとつかんだ密度の濃いサウンドを 聴かせてくれました。芳醇な響きは独特のもの。名機といっても良いでしょう。 生産完了は本当に残念です。


東京都A様宅
JBL「4338」にDENON「DCD-SX」、MCINTOSH「MA7000」という 最新モデルを組み合わせたシステムです。 弾むようなベースに腹に来るバスドラム・・・ダイナミックな響きが愉しい。 定番中の定番ではありますが「JBL+マッキン」の魅力は健在!です。 念入りに調整したLINN「MAJIK LP12」で再生したアナログもさすがの音でした。 ジャズはADIKTの方が楽しく聴けると思います。


静岡県K様宅
K様は、トランペット奏者としてオケでも活躍され、 非常に音楽に造詣の深い方でいらっしゃいます。 お選び頂いた「CAP-2100」と「SIGNATURE DIAMOND」の納品場所は、 クラシックのディスクと書籍が整然とならんでいる書斎。 広さは4畳半くらいでしょうか。 距離は取れませんが、つながりの良いスピーカーですので、 ニアフィールドリスニングにも最適だと思います。 将来的にはSACDマルチ、そしてアナログも導入を考えていらっしゃるそうです。


東京都T様宅
クラシックをこよなく愛されるT様は、 GOLDMUNDで鳴らすSONUS FABER「GUARNERI HOMAGE」にBELL-AIRでならすTANNOY「IIILZ」という 2系統のシステムをご愛用中です。プレーヤーはSONYのSACD初代モデルの「SCD-1」に加えて、 今回は、LINNの「MAJIK LP12」を導入されました。 どちらも繊細なサウンドを持っていますが、軽く鳴るタンノイのサウンドが印象的。 美しいタッチのバッハが心に沁みます。 今後はカートリッジをMCにグレードアップなどを検討されているそうです。


神奈川県K様宅
ベーゼンドルファーのフラッグシップモデル「VC7」を 納めさせて頂きました。仕上げは通常のピアノブラックではなく 特注のPOMELE仕上げ。美しい木目から気品を感じます。 上品なFINITE ELEMENTEのラックに納められた「VPA」を初めとするNAGRAのシステムとの相性も抜群で ヴィヴィッドかつウェットなヴォーカルがいきなり楽しめました。 「音楽を聴いている」という気にさせてくれる素晴らしいシステムです。


東京都M様宅
地下に造られた広々としたシアタールーム。 DENONのAVセンターにDALI「HELICON Mk2」シリーズでマルチシステムを構築、 スピーカーはイルンゴのボード、スタンドを特注、音楽用のプレーヤーも別に用意するなど 随所にこだわりが見てとれます。 130インチのスクリーンに映るブルーレイの映像の美しさ、 そして画と一体となったサラウンドが圧巻でした。 時の経つのを忘れてしまう非常に贅沢な空間です。


東京都O様宅
落ち着いた雰囲気の書斎に納めさせて頂きました。 ラインナップは、SONUS FABERの「CREMONA M」を中心にYAMAHA「CD-S2000」、GOLDMUND「TELOS390」という、 シンプルかつ高品位なシステムです。プリメインアンプの「TELOS390」はデジタル入力を3系統備えているため、 AV製品との接続も容易。 60インチプラズマの存在感は圧倒的ですが、 大迫力の映像に負けないサウンドを手軽に楽しむことができます。


東京都S様宅
「10年ぶりくらいにコレと思うものが出ましたよ」と 音にもデザインにも惚れ込まれたのが「Signature Diamond」。 仕上げをどちらにするか悩まれていらっしゃいましたが、ホワイト仕上げでのオーダー後、 ラックとドアを同じ仕上げで特注すると聞き、驚いたものです。 受け入れ態勢は万全、後はスピーカーが届くだけ・・・でしたが、いつまで経っても入荷せず、 結局半年近くお待たせしてしまうことに・・・本当に申し訳ありませんでした。
「Signature White」に統一された空間は素晴らしいの一言。 クラッセとの組み合わせでサウンド、デザイン的にも抜群のシステムが完成しました。 思う存分に音楽に浸っていただければと思います。


東京都N様宅
ご相談頂いた内容は、サウンドパフォーマンスは落とさずに作りつけの棚に入るサイズのコンポーネントを 選びたい、というものでした。 最終的に選ばれたのは、SONUS FABERの「GRAND PIANO DOMUS」に JOBの「JOB PRE L」「JOB 150 Te」、DENSEN「B410」という組み合わせ。 新築の素敵なお住まいに納品させていただきました。 クリアーでフレッシュなサウンド、キビキビと鳴るジャズが良かったです。


千葉県S様宅
B&W「N804」を中心としたシステムです。QRDのディフラクタルやDIGIWAVEを導入後は、 ケーブルのグレードアップ、スピーカー、ラックの位置の配置換えなどを提案させていただきました。 「音が部屋に広がってとても心地よくなりました。いままで聞き取れなかった楽器の 低い小さな音がクリヤーに聞こえるようになり音全体にとても艶が出てきました・・・」 などのご感想を頂きました。後は細かい部分のケアですね。またご相談下さいませ。


千葉県S様宅
10畳ほどのオーディオルームに「N803」を中心としたシステム、 ESOTERIC、JEFF ROWLANDの機器が美しくセットされています。 QRDやケーブル、ボードの選択、また使いこなしは色々試された上で決定されていらっしゃいます。 各ジャンルの音楽を聴かせていただきましたが、非常に素直な音質でした。 前方に広がるサウンドステージと自然な定位が見事です。 小音量で聞かれることが多いそうですが、 音が痩せることがないのは細心のセッティングのおかげでしょう。


神奈川県O様宅
GERMAN PHYSIKSの「CARBON/2」を久しぶりに聴かせていただきました。 「よく鳴っていると思うよ」とおっしゃるとおり、 以前も聴かせて頂いた“サムシン・エルス”は、音離れの良さそのままに、 より密度の高いサウンドへと進化しておりました。 その後はグラント・グリーンのギター、ケルテスのドボルザークなど、 LP中心で聴かせていただきました。お部屋は寝室なので環境としてはデッドですが、 しっかりとライブ感が漂います。 あえて言うなら寝室で聴くにはリアル過ぎ・・・というところでしょうか。


東京都O様宅
リビングのサブシステム用に「GUARNERI MEMENTO」を導入していただきました。 スピーカーの間の空間が広く、音が生々しく浮かび上がります。 「ガルネリは弦楽器」というイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、 どのジャンルを再生しても音楽の芯がぶれない素晴らしいスピーカーです。 造りも仕上げも一級のもの。ご家族の皆様にもきっと気に入っていただけると思います。 将来的にはプレーヤーをLP12されるとのこと。どちらがメインシステムか分からなくなりますね。


東京都Y様宅
LINN「AKURATE242」を中心としたシステムです。 じっくりと試聴をして選ばれたシステムは「イメージどおりの音」とのこと。 ケーブル、電源周りも吟味され、スピーカーボードもイルンゴ特注。 溌剌としたサウンドはフルアクティブならではでしょう。 適度にライブなお部屋でクラシックも馥郁とした響きを聴かせてくれます。 ジャンルを選ばずにずっと音楽を聴けるのが何より良いですね。 高台にあるマンションのため窓からの見晴らしも抜群。うらやましいです。


宮崎県S様宅
朝5時におきて向かいました。 お部屋が縦長のため「GUARNERI MEMENTO」は横にスピーカーを置くようにしました。 大きなラックを移動して最小限の機器を配置。イルンゴのボードで土台を作りました。 「LP12SE」はまだこれからという感じですが、静けさと滑らかさはさすがです。 夕方には失礼するつもりでしたが、気付いたら9時になってました・・・。 宮崎は開放的でとても住み心地の良さそうな所です。 ガルネリもそんな鳴り方をしてくれる日も近いと思います。


千葉県D様宅
以前はB&Wのスピーカーを長く使っていらっしゃいました。 少し前に購入された「Autograph Mini」が良く鳴ったのがきっかけで 「Yorkminster SE」の導入に踏み切られました。 どちらかというと今まで使用されるスピーカーはトールボーイ型が多かったので、 こういった大型スピーカーを導入されるのにはかなりの思い入れが おありになったのだと思います。 音を出してのご感想は「ミニの方が良い」・・・! 確かにまだ硬い音がしますが、 エージングが進めば30センチデュアルコンセントリックの魅力を堪能できるはずです。 その頃お好きなクラシックのライブ録音がどのように鳴るのかが楽しみですね。


東京都I様宅
12畳のお部屋は多くの人が夢見るであろうハイエンドのAVルームです。 AVをピュアオーディオと同等の音質にするために非常にこだわった機器の選択、セッティングを 行っておられます。 N802の2chからスタートしたI様「こんなにするつもりはなかったんですけど」と苦笑い・・・。 今後はアンプのグレードアップを視野に入れていらっしゃるとのことです。 すでに十分素晴らしいのですが、更にどのように発展するのかが非常に楽しみです。


横浜市H様宅
半地下にある10畳ほどのオーディオルームに スピーカーはWESTLAKEの「TOWER12」にACUSTIK LABのステラ・メロディーにエレガンスと 名機がビシッとセッティングされています。オーディオだけではなく、 モデルガンやワイン、カメラなどもずらりと並べられている、まさに男の城といえる空間でした。 GERMAN PHYSIKS「TROBADOUR40」は定位感も抜群で、 DDDの描く優れた音の質感と相まって自然で充実した音楽を聞かせてくれました。 参りました!


東京都A様宅
GERMAN PHYSIKSの「UNICORN」を最初に納めさせていただいた思い出深いお客様、 音にもデザインにも明快な主張を持っておられる方です。 ELACのスーパーツイーター「4PI PLUS」導入の際に久しぶりに聴かせて頂きました。 鮮やかで生き生きとした音質・・・素晴らしいです。 ORACLEのトランスポートとELACの「キノコ」ツイーターにDDDユニットが並ぶと何ともいえない画になるのです。 個性の強いオブジェをまとめ上げるセンスに改めて脱帽しました。


東京都H様宅
広々としたリビングルームにはSONUS FABERのような美しいスピーカーが映えると 改めて感じました。そのSONUS FABERの「ELIPSA」はGOLDMUNDの「MIMESIS 330ME」で鳴らされています。 聞きやすく質感がとてもナチュラル。将来的にアンプのグレードアップも 考えられているということですが、これはこれで素晴らしいシステムです。


長野県S様宅
LINN「AKURATE CD」、CELLO「PALETTE」、CHORD「SPM-650」 GERMAN PHYSIKSの「UNICORN MK2」というシステムです。 存在感のあるスピーカーもウォールナットの落ち着いた仕上げが他の家具、そして外の景色と良く調和していると 感じました。音が軽く、さり気なく出てくるDDD独特のサウンドが心地良いです。 自然に囲まれた静かな環境で、窓からの景色を見ながら好きな音楽を聴けるのは何よりの贅沢ですね。


東京都A様宅
JBL「4338」とLINN「LP12」の納品でした。JBLは別の部屋のサブシステムということで非常に贅沢な構成です。 メインは美しい「STRADIVARI HOMAGE」。ACCUPHASEのシステムで鳴らされており、 端整なサウンドが印象的でした。「KEEL」と「EKOS SE」を搭載した「LP12」は静寂感の中にも音楽が満ちている と感じさせる圧倒的なパフォーマンスを聞かせてくれました。 システムとしては完成、後は電源周りを整えればいうこと無しです。


神奈川県N様宅
6畳ほどの和室にJoseph Audio「Pearl」を初めとするハイエンド機器を導入され音楽を楽しまれていらっしゃいます。 ケーブルもaudio questo、PAD、STEALTH等また配線の仕方にもコダワリをお持ちでいらっしゃいます。 和室のためルームアコースティックは少しデッド気味ですが、気になるような響きは無くヴォーカル、弦も滑らかです。 後はラック、オーディオボードで調整されることをオススメします。


神奈川県G様宅
素敵なリビングルームにベーゼンドルファーの「VC2」を納品させていただきました。 それまでお使いだったティールのスピーカーとは全く性格の異なるスピーカーですが、 店頭で試聴した瞬間に気に入られたということです。 奥様に美味しいアイス珈琲を淹れていただき、マーラーの4番とバッハのパルティータを聴かせていただきました。 外見通り落ち着きと品のある音色で聴かせてくれました。


東京都I様宅
愛用の「N803」が更に良く鳴るようにとLINNの新製品「AKURATE CD」をお買い上げ頂きました。 GOLDMUNDのSRプリとパワーで聞く「霧笛」を歌うちあきなおみの声のニュアンス、表現力が格段に上がりました。 プレーヤーの力は本当に大きいですね。 ケーブルもこだわられていらっしゃるので次はラックでしょうか。 コンポーネントの高さが低いので、QUADRASPIREのラックに納めた方が似合うと思います。 ラックの高さを低くすればより定位が良くなり音場が広がるでしょう。


長野県S様宅。
JBL「9800SE」を鳴らすために、フロントの機器のグレードアップを行ってこられたS様。 この度「DD66000」を導入していただきました。 いきなりフルボリュームのベイシー「Whirly-Bird」に耳がキーンとしてきましたが、 JBLはこう鳴らすんだという気合がビシビシ伝わってきました。 圧巻なステージ感、S様にも「コンサートのS席で聴いてるみたい」と喜んで頂きました。 すでに御友人の試聴予約が殺到しているということ。是非またご感想をお聞かせ下さいませ。


東京都K様宅。
5555にいた当初から随分永い間お付き合いをさせていただいております。 システムは美しい「guarneri homage」を中心にWADIAのプレーヤー、EARのアンプとシンプルなものですが、 ボードやケーブルは全てイルンゴオーディオ製、セッティングもイルンゴのメソッドに拠って行われており、 ここまで鳴るのかといつも感心します。先日は同社の「crescendo205SN」を導入されました。 ジャズ、ロック、クラシック等聞かれる音楽は多彩ですが、 充実した音色、太いベースを土台にしたしなやかな表現力にいつも以上に驚かされました。


東京都H様宅。
メリディアンのプレーヤーにメトロノームのプリメインそしてガルネリ・メメント。 艶やかな弦の音色が広がる音楽性豊かなシステムです。 心配だったのは奥様の許可が下りていないことでしたが、 翌日頂いたメールで安心しました。 ・・・奥さんも音の良さには感心し、部屋全体のレイアウトを変 えるようにして、ガルネリの居場所を確保しようと、考えてくれはじめました。 そして、寝る前の一言「我が家で一番きれいな家具かも」・・・ 良かった!末永くご愛用くださいませ。


埼玉県S様宅。
70年代の国産のスピーカーで長い間音楽を楽しまれてこられたS様が 「一生モノ」としてお選び頂いたのが、 SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」。 聞いても眺めても楽しめる素晴らしいスピーカーです。 お部屋は8畳ほどの書斎ですが、ドアと窓が2重です。なんとこのスピーカーの為に防音工事を施されたとのこと。 床もシッカリしており基本は完璧です。 音楽を楽しみながら少しずつ音を追い込んで頂ければと思います。


東京都M様宅。
店頭では3回試聴して頂いたのですが、持ち込まれるディスクのジャンルの幅の広さに いつも感心しておりました。演奏内容でお選びになっているそうで新旧様々な年代の録音のもの。 そんなM様にとって ATCのフラッグシップモデル「SCM-100Tsl」は理想的なスピーカーだと思います。 納品時には「物足りないくらいに自然な音ですね。でもその方が長く付き合えると思います。」と ベテランオーディオファイルならではのご感想を頂きました。


東京都H様宅。
試聴の際にお持ちになったのが、フルトヴェングラー、チェリビダッケ、ヴェデルニコフ等、 今は亡きマエストロのディスク。演奏に対してのコダワリを強くお持ちのH様が「痺れました」とお選びいただいたのが、 SONUS FABERの「AMATI ANNIVERSARIO」です。 納品時にはマリア・カラスの歌うアリアやフォーレの合唱曲などを聞かせていただきました。 出来ればもう少しスピーカーの間隔を広げたいとは思いましたが、音色はさすがでした。 リンのフルシステムとの相性もとても良く、溌剌とした歌声と弦を聞かせてくれました。


東京都O様宅。
久々のSONUS FABER「STRADIVARI HOMAGE」の納品でした。 レッドバイオリンの美しい存在感は、お部屋の反対側に置かれた スタインウェイのグランドピアノと匹敵します。 充実した弦の響きと広がり、そしてスケール感・・・ フラッグシップモデルの貫禄を感じます。 お客様には、とにかく鳴らしこんで下さいとお願いしました。 時間と共にスピーカーがお部屋に馴染んでくれば、 言うことなしでしょう。


東京都H様宅。
LINN「CLASSIK MOVIE」と「NINKA」のシステムを納品させていただきました。 仕上げはどちらもブラック。「CLASSIK MOVIE」のブラックは精悍で格好が良いのです。 これ以上ないほどシンプルなシステムですが、 ただ高音質というのではない、味わいのある音色を聞かせてくれました。 「想像以上」と喜んで頂いて私も嬉しかったです。 音楽も映画もフルに楽しんで頂けると思います。


東京都H様宅。
システムのグレードアップで御相談を受けました。 初めて伺った時はお部屋の反響が多く定位も曖昧でしたので、 スピーカーのセッティングを中心にアドバイスさせていただきました。 最終的にはQRD「DIGIWAVE」を据え、LINN「MAJIK CD」、JEFF ROWLAND「CAPRI」「M102」を 加えたシステム。音のセパレーション、質感は別物で、SONUS FABER「ELEKTA AMATOR」が生き返りました。 センス抜群の、そしてライブ感溢れる音の空間の完成です。


長野県軽井沢のS様宅(別荘)。
窓からの景色が素晴らしく、しばしば外を眺めながらセッティングを行いました。 システムはMETONOME「CD3」、アンプはGOLDMUND「MIMESIS27.3ME」、「TELOS200」、スピーカーはPIEGAの新製品「TP7」。 ピエガは店で見たときは随分大きなスピーカーだなと思いましたが、天井の高いリビングにはむしろピッタリでした。 見た目も音質も非常に洗練されたシステムで、艶のある弦楽器がこちらの空気のような爽やかさで聴こえるのが印象的でした。


東京都T様宅。
2年程前にGERMAN PHYSIKSの「UNICORN」を納品させて頂いたT様が都内に引っ越されました。 以前も良い音で鳴らされていましたが、さらに進化していました。 シングルの真空管パワーアンプで ちゃんと鳴るの?と思う方はビックリすると思います。 ベースの厚み、バスドラムのテンションDDD一発で、ビシッと出ています。 ユニコーンの割にはというのではなく、 仮にハイパワーのアンプとサブウーファーを使ってもこのバランスを出すのは容易ではないと思うほど 過不足のない音を構築されていました。 非常な集中力と厳しい耳で調整されたはずですが、 お部屋からはマニア的な要素を一切感じさせないところが また凄いのです。時間を忘れて音楽に浸れます。


埼玉県のH様宅
以前発売されたばかりのORPHEUSのアンプを御購入頂き、 その後LINNの「UNIDISK1.1」を導入されるなど、少しずつ、着実にグレードアップされてこられました。 最後はスピーカー、長年愛用されてきたJBL「4430」からPMCの「BB5」へ。 凄い存在感、無骨なボディーに気合を感じます。 PMCの誇るフラッグシップ機種だけあり、どんな音楽でも受け止める余裕と、 優れた定位感、自然な音色を聞かせてくれます。 末永く御愛用下さいませ。


新築に合わせて念願のオーディオセット導入されたT様のリビングルーム。 sonus faber「cremona」、DENON「DCD-SA1」、LUXMAN「L-509u」は、奥様とじっくりと視聴して選ばれたシステムです。 とても楽しみしていらっしゃったので、何とか年末までにセットアップが完了しホッとしております。 最後に聞かせてただいたラヴェルの「鏡」のクリスタルな音色が印象深いのですが、 T様によるとボーカルも抜群とのこと、満足していただけて何よりです。 どうぞ良い音で良い年をお迎えくださいませ。


東京都のT様宅
広々としたリビングルームに置かれたカッシーナの家具と、桐のタンス。 計算されているのかは分かりませんが、不思議と和める空間なのです。 スピーカーがsonus faber、プレーヤー、アンプはアーカムという渋い組み合わせ。 スピーカーボードはイルンゴ製を選択して頂きました。 ノラ・ジョーンズのボーカル、チャーリー・ラウズのテナー、五嶋みどりのバイオリン・・・ 聞きやすくまとまっていて音楽的なバランスも申し分ありません。 長く音楽を楽しんでいただけるのではないでしょうか。


埼玉県のN様宅。
リンのフラッグシップモデルでドライブするスピーカーはEXCLUSIVE「2251」。 後は音を詰めるのみという状況でイルンゴオーディオ製の「2251」専用スタンドに続いて、 下に引くアンダーボードも導入していただきました。音の変化は 「その後テナーの音が思いっきり前に出てきます。スピーカーを通して演奏者の息が かかるのではないかと勘違いしそうです。 まさにかぶりつきでサックスに首をつっこんで聞いているような感じ」ということです。


東京都T様宅。
リンの新しいマジックシリーズが中心のシステムです。アナログもお楽しみになるため フォノイコライザー搭載の「MAJIK KONTROL」はピッタリの選択なのでした。 スピーカーの「AKURATE242」は、パワーアンプ「C6100」による2chアクティブでドライブ。 フルアクティブではないものの、やはり余裕が違います。 ベートーベンの7番のシンフォニーからモンクのピアノまで安心して楽しめました。 シンプルながら非常に良くまとまったシステムです。


山梨県H様宅。
B&W「802D」を納品させていただいた後のご感想。 「今のところ、ジャズについてはさすがだと大変満足しています。 クラシックについては、音の分離、解像度、音場などは良いと思うものの、 音色、低域など、エージングを含めてこれから、と言う感じです。」 機器のグレードはご自宅のシステムに近づいたのではないかと思います。 素晴らしい環境ですので、時間が経つにつれ伸び伸びと鳴ってくれると信じております。 別荘に行く回数が増えてしまいますね。


東京都A様宅。
プレーヤーはMETRONOME「CD3」、プリメインアンプJEFF ROWLAND「CONCERTO INT」に スピーカーがベーゼンドルファー「VC2」というコダワリのシステムです。 品位の高さと柔らかさを感じる音質ですが、 TVラックのスペースが限られているため、トップローディングのCDの出し入れが面倒ですね。 オーディオ機器はクアドラスパイアかなにかにまとめられた方が良いと思います。是非また御相談下さいませ。


東京都O様宅。
お部屋は6畳あるのですが、機器、レコードディスクがギッシリあるため 「BRAVO」の置き場所が確保できず大変でした。 イルンゴのボードも厚み7.5cmでオーダー頂いたため、 ビオラの本体+電源部でほとんどJBL「4312mk2」をふさいでしまう結果になってしまいました。 さすがにもう少しスペースが欲しいところです。 現在専用ルームのあるご自宅を建築中ということなので、 完成したら一緒にしっかりセッティングしましょう。


東京都A様宅。
3階にあるため窓からの眺めが素晴らしく、心地良い風が吹き抜けるオーディオルームです。 早速、HDDレコーダーに録画したリッカルド・ムーティーとヒラリー・ハーンのライブを見せていただきました。 アキュフェーズのプリメインアンプの能力も高いのでしょうが、 スピーカーが良いと臨場感がまるで違いますね。セッティングについては、 一方が壁、もう一方が窓のためスピーカーの位置調整に時間をかけました。 A様とNさんはビールで祝杯をあげられていましたが、ガルネリにはやはり ビーノ・ロッソ。こんな素敵なスピーカーで好きな音楽を聴きながら、 酔える時間は最高でしょう。


東京都Y様宅。
以前EMMを導入された際にシステムをシンプルされたY様、 暫く「DCC2」をプリとして使用されていましたが、 レビンソン「NO.326S」を間に入れることにより、更にライブ感のあるサウンドで JBL「S9800SE」が鳴るようになりました。フォノモジュールも搭載していただいたので、 またアナログも満喫していただけると思います。 Y様宅はオーディオも凄いのですが、ソフトの量が半端じゃないのです。 特にBOXモノは何でも揃っているという感じで、いつも聞かせていただくのを楽しみにしております。


東京都A様宅。
長らくLINNの「UNIDISK1.1」、Accustic Arts「PREAMP1mk2」「AMP2」、B&W「S800」 というシステムで音楽を楽しまれてこられたA様。QRDやイルンゴオーディオボードなどで セッティングも詰められた後、次の段階へ。 リスニングルームが地下にあるので「BRAVO」の電源部が重くて大変でしたが、 「Signature800」を軽々と、気持ち良く鳴らしてくれる、さすがです。


東京都O様宅。
イルンゴオーディオ製、HELICON400用の特注スタンドの納品に伺いました。 それまでのタオックボードと交換し、O様、楠本さんと3人がかりでセッティングした結果は、 大成功。軽いわりにボーボーいうベースが、厚みと弾力が出てきました。 その後アンプをリンのフラッグシップモデルにアップグレードされ、 それぞれにgrandezzaのボードを導入して頂きました。 「音に厚みが加わり、どっしりとしたバランスのよい音になった」とのことです。


埼玉県S様宅。
DENON「DCD-SA1」「PMA-SA1」PIONEER「S-1EX」のシステムです。 お部屋まで曲がり角が多くスピーカーの納品が大変でした。 PIONEER「S-1EX」は店頭で見ると大きいとおっしゃる方が多いのですが、 納品してみると圧迫感が無く、壁に近くても低域が膨らむということがないので、 意外に扱いやすいスピーカーだと感じています。 このスピーカーのオーナーは、オヤイデのACケーブル「TUNAMI」をお使いの方が多く いらっしゃるのに気付きました。音が前に出てくるとのことです。


GERMAN PHYSIKS「HRS120 Carbon」を納品させていただいた東京都A様宅です。 この写真は納品当日のもので、後で伺った時はスピーカーの位置が変わっていました。 その後もセッティング、グレードアップを日々行われていらっしゃいます。 A様の理想を求める情熱にはいつも頭が下がります。
レポートはコチラ


東京都F様宅。
リンのフルラインシステム。「UNIDISK SC」「C2200」「AKURATE242」のリンフルシステムです。 ラックに入るかどうかを心配されていましたが、ご覧の通りピッタリ収まりました。 音もリンお任せで素直に良いと感じるものです。 マニアで無いと、色々組み合わせを考えるのは難しいと思います。 大げさでなく良い音で・・・とお考えの方はリンのシステムをお勧めします。


東京都のS様宅です。
キッチリとセッティングされており、壁コンセント、ケーブルなども気を使われております。 アンプも「PM-11S1」をバイアンプで使用いるなど強いコダワリを感じます。 初めからかなりレベルの高い音質でしたが、その後もどんどん向上していると いうお話を頂いております。


栃木県のA様宅のリビングルーム。
しっかりした床と高い天井、響きがとても綺麗なのが印象的でした。 後は中央のテレビが無ければ空間表現もさらに高まるのですが・・・。 とはいえ周りが静かで音楽に集中できる環境は羨ましいかぎりです。 システムはDENON 「DCD-SA1」、LUXMAN 「L-509f」、PIONEER 「S-1EX」。


千葉県浦安市T様宅です。
以前、LINNの「EXOTIK」、「C2200」を導入して頂き、この度「AKURATE242」と リン中心のシステムとなりました。 伺ったのが夜遅くになってしまいましたので、音量は小さめでしたが、 マイルスの浸透力のある音色にこのシステムの実力の片鱗を感じました。 後日「とりあえず低音が出すぎず解像度があり、広がりも良く気に入っています。」 というメールを頂きました。アクティブ化も検討されているということです。


東京都のK様宅。
PIONEER「S-1EX」セッティングを中心に行いました。 リスニングポイントがスピーカーから1.5mほどとかなり近いのですが、 前後の足の高さ、振り方など調整を行い、 ハイスピードなサウンドと、定位の両立ができました。 振り方についてはK様に教えていただくことが多くあり、大変勉強になりました。 基本的なセッティングの大切さをあらためて痛感。 本当に奥が深いです。


横浜市のH様宅。
システムはDENON「DCD-SA1」、LUXMAN「L-590A」、B&W「803S」という実力機種たち。 ジャンルを選ばず音楽を楽しめる個人的にもお勧めのシステムです。 H様「小さな音でも低域の量感が出るし、聴きやすい音ですね」とおっしゃってました。


東京都のS様宅。
オペラ、シンフォニーを主に楽しまれるS様。 SONUS FABER「STRADIVARI HOMAGE」はまさにピッタリの選択でしょう。 大きさ、仕上げ、音質のバランスに優れる 私の知る限り最高峰のスピーカーの一つです。 導入を祝って自ら腕を振るわれたイタリアンフルコース、 私もご一緒させて頂くことに・・・BUONISSIMO!音にもワインにも酔いました。


神奈川県M様宅。
主にバロック期以前の音楽を楽しまれるM様。 こだわりのある選曲が素晴らしく、いつも勉強させていただいております。 ベーゼンドルファーは、広がりのあるサウンドステージと気品のある音質が特徴。 ピアノだけと思われがちなスピーカーですが、弦楽器やボーカルも他に得がたい 魅力を持つ音楽性豊かなスピーカーです。


担当: 上遠野 (火曜日定休) Mail: ken@dynamicaudio.co.jp
TEL: 03-3253-2001 FAX: 03-3253-5556